これで一人旅の必要な持ち物は完璧!旅マニアが教える愛用品

記事更新日: 2021/11/13

ライター: まつり

ライタープロフィール
まつり ひとりでも好きがあれば人生楽しい 

哲学「誰かといてもつまらなければ独り」
ひとりタイプ:流れる雲
趣味:ひとり旅(国内外問わず)
訪問地:国内45都道府県、海外31ヶ国

まつり

こんにちは、ひとり旅大好きまつりです。

自由奔放で好きなように自分の時間を楽しむことができるひとり旅。

一方で、何か忘れ物をすると誰にも頼ることができないのは不安の一つですよね。

正直、ひとり旅するときに何を持っていけば良いか分からなくないですか?

特に海外旅行に行ったことない方はどうしたらいいのか悩む方多いと思います。

そこで、初めて一人旅をする方あまり旅行に慣れていなくて準備をするのに時間がかかってしまう方向けに持ち物チェックリストを作成しました!

まつり

これさえ事前に用意していれば、あとは荷物をまとめるだけ!

必需品だけでなく私がよく使う便利アイテムもリストにまとめてみました!

▼持ち物リスト(ダウンロード可能!)

これから詳しく解説していくのでぜひチェックしてみて下さい^^♪

この記事でわかること
  • ひとり旅の持ち物リスト
  • 海外旅行のために申請必要な書類
  • 海外や国内旅行で便利アイテム

海外一人旅でまず準備する持ち物!

意外と多い!海外旅行で事前準備が必要なもの

国内旅行と違って、海外旅行に行くには事前申請に時間をかかる書類が多くて難しいんですよね。

私も初めて海外旅行行こうと思ったとき、根本的な知識が全くなかったためかなり調べまくりました。

まつり

海外はじめての方は特に必見!

▼ 事前準備必須
  • パスポート
  • 航空券
  • クレジットカード(海外保険自動付帯)
  • キャッシュカード
  • 携帯電話(SIMフリー)
  • 訪問国対応SIMカード
  • 国際運転免許証
  • ビザ(入国先に必要あれば)
  • イエローカード(入国先に必要あれば)

1ヶ月以上かかるものもあるので前もって準備が必要です!

クレジットカードは年会費永年無料のエポスカードを持っておけば安心ですよ^^♪

まつり

詳細が知りたい方はこちらの記事をチェック!

旅の定番!使うこと間違いない必需品

海外旅行でマストアイテムになるのがこちらです^^

▼ 海外旅行必須アイテム
  • 変換プラグ(変圧器も必要あれば)
  • 黒ボールペン
  • ウェットティッシュ、ポケットティッシュ
  • ビニール袋
  • サングラス
  • チャック付き肩掛けバッグ
  • バックパック
  • 化粧落としシート
  • 財布(安物、コンパクトがおすすめ)
  • 貴重品用のポーチ

◆変換プラグ(変圧器も必要あれば)

わざわざいく国ごとに購入するのも手間なので、全世界対応している変換プラグがおすすめです!

変圧器は海外放浪していた私でも全く使わなかったので、特に準備しなくても大丈夫だと思います。

まつり

最近はドライヤーやヘアアイロンも海外電圧対応がほとんどですが、持っていくときは要チェックです!

 

◆黒ボールペン

何に使うかというと、入国の際に必ず書く必要のある税関申告書に使います。

まつり

機内持ち込みのカバンに入れておけばOK!

ウェットティッシュ、ポケットティッシュ

海外では、トイレ事情で非常に悩むことが多いです。

日本と異なり基本的に公共トイレは有料で、さらにトイレットペーパーもない場所が多いです。

 

常に携帯しておくと安心!

すぐに手が洗えないのも非常に不便なので、ウェットティッシュは万能です!

ビニール袋

実は海外ではあまり使われていません。

万能なので最低2~3袋は常備しておけば、何かと使えます!

◆サングラス

紫外線対策というのはもちろんのこと、意外な方法にも使えちゃうんです!

長時間バスや列車で移動するとき、眠くなりますよね?そういう時にサングラスをかけていると寝ているかどうか周りから分かりません。

まつり

つまり、盗難防止になります!

ひとり旅の欠点は、交代で荷物を見張ることができないことです。

常に荷物のことは気にしないといけないのは間違いないですが、少しでも防犯対策になるのでサングラスは絶対持って行きましょう!

◆チャック付き肩掛けバッグ

防犯対策になるため、チャック付きというところが超重要です!

チャックなしバッグを使用していると、後ろから手を入れられて物を盗まれることが多々あります。

このような事態を防ぐため、必ずチャック付きのバッグを使用しましょう^^

◆バックパック

海外では、日本よりもガタガタの道が多いためスーツケースはかえって不便に感じます。

まつり

コロコロする部分が壊れてしまう方多いんですよね

旅行日数に合った大きさのリュックを選びましょう^^

◆化粧落としシート

女性だけになりますが、夜行バスで移動するときや水周りが良くない時に使えます!

持っていて損はないです。

◆財布(安物、コンパクトがおすすめ)

まつり

ブランド物の財布はやめましょう

高い財布を持っていると、盗難に狙われやすくなってしまいます。

できる限り小さめで安そうな財布を持っていくことをお勧めします!

◆貴重品用のポーチ

肌身離さず持っておけるようにするために必要となります!

まつり

パスポートやお金など貴重品が入るくらいの大きさで十分です

 

海外だけでなく、旅に必要なもの洗い出しました!

こちらも参考にしてみて下さい。

まつり

持ち運びの負担を軽減するため、できる限り荷物にならないものを選ぶことがポイントです

▼ その他日用品
  • タオル、ハンカチ
  • 歯磨きセット
  • シェーバー
  • マスク
  • 日焼け止め
  • コンタクト、メガネ
  • 衛生用品(バンドエード、消毒液等)
  • 洗面用品(クレンジング、洗顔、化粧水等)
  • 浴用用品(シャンプー、トーリトメント等)
  • 折りたたみ傘(雨具)
  • 化粧品
  • 帽子
  • 衣類(下着やパジャマ等)
  • 圧縮袋、仕分け袋
  • ヘアアイロン(海外電圧対応)
  • ヘアドライヤー(海外電圧対応)
  • 爪切り
  • ハンドミラー
  • 携帯防水ケース
  • カメラ
  • 充電器
  • 充電コード(電源コード)
  • モバイルバッテリー
  • 時計

海外旅行中は、気候や水質も異なるので体調を崩しやすいです。

何かあった時に薬局へかけつけても、外国語表記で購入するのは不安ですよね。

そんな時のために、応急処理として以下のものを持っていくと安心です^^

▼ あったら安心!
  • 目薬
  • 常備薬(酔い止め、正露丸、痛み止め等)
  • 衛生用品(バンドエード、消毒液等)
  • 塗り薬(オロナイン等)
  • 生理用品

長期旅行なら持っていった方が良い持ち物!

長期旅行で洗濯が必要になる場合のみになりますが、以下のものも持っていると結構使えます!

▼ 洗濯がしやすくなる!
  • 洗濯ネット
  • 洗濯用洗剤、柔軟剤
  • 洗濯袋
  • 洗濯バサミ、紐

私が実際に愛用している一人旅便利アイテム5選!

ひとり旅の時に私が実際に使用している便利アイテムを紹介します。

まつり

ヘビーユーズしていて特におすすめなアイテムをピックアップしました!

ダイヤルキー、南京錠

海外旅行では、盗難予防が非常に重要となります。

その防犯対策に超万能なのがダイヤルキーや南京錠!!

✔︎ 使い方
    • リュックを開けられないようにする
    • 宿泊先で貴重品をロッカーに保管する

まつり

私は宿代を節約するため、ドミトリーに宿泊してました!

個室ではなく他の方とルームシェアするので、貴重品は個人ロッカーで管理必要となります。

ホテルで贅沢する方でも、リュックを後ろから開けられないように移動中は南京錠を使うように意識しましょう!

ビーチサンダル

まつり

海に行く予定がなくても、めちゃくちゃ使います!

日本と違って土足の場所が多いので、宿泊先で「わざわざ靴を履くのがめんどくさい」という時にサンダルで移動したりしてました。

軽いので、一つ入れておけば結構出番が多いです^^

速乾タオル(セームタオル)

バスタオルってなかなか乾きにくくて重いですよね。

水泳部の方は絶対持っているセームタオル、軽いかつ速乾なのでこれさえあれば一安心です!

タイパンツ

初めて海外に行く方は持ってないかもしれないですが、お土産としてもらった方もいるのではないでしょうか?

まつり

寝巻きとしても、軽く外に出たいときにも重宝してました!

荷物にならないのと、現地に順応しやすいので海外旅行ではめちゃくちゃ使います!

フック付きポーチ(無印良品)

海外では日本のような清潔感がある場所は非常に少ないです。

汚くておく場所がないときがほとんどでした。

そんな時に重宝するのが「フック付きポーチ」!

まつり

どこにでもかけれちゃうんです!

私は無印良品で売っているのを愛用しています^^♪

一人旅の準備を始めよう♪

海外旅行は行く国によって治安が異なりますが、特に衛生面や防犯面は日本とかなり違うため気に抑えておく必要あります。

まつり

念には念を!

国内旅行であれば忘れ物をしてもすぐに調達できるものの、海外旅行では手に入らない場合がほとんどです。

しっかり持ち物チェックをして忘れないように前もって準備しておきましょう^^♪

 

この記事を書いたライター

まつり

ひとり哲学「誰かといてもつまらなければ独り」
ひとりタイプ:流れる雲
1997年3月生まれ(24歳)
東京一人暮らし
趣味:ひとり旅、グルメ旅
ひとりでも好きがあれば人生楽しい。

この記事に関連するラベル

ページトップへ