一人暮らしで賢く節約したいならWiMAXがオススメ!その理由は?

記事更新日: 2019/10/12

ライター: TJ

※本記事は2019年10月1日〜の新プランに情報更新しています。

TJ

結論から言うと、一人暮らしで賢く節約するならWiMAXがオススメです!

この記事を書いた人
投資マニア  TJ  30代

投資マニア兼FP(ファイナンシャルプランナー)。
幼少期の経験からお金持ちになるのが夢で、お金持ちになるには固定費を抑えることの重要性を知っている。
普段は格安SIM乗り換えやWiFiの相談にも乗っている。
もちろん自身も毎月の通信費を削り、節約したお金は投資に回している。

だったのですが、2019年10月10日に限界突破WiFiという名のWiMAXの上位互換品が発売されました。

料金も安く通信無制限なので、ぜひこちらもご覧ください。

世の中が非常に便利になった分、選択肢が多くなりすぎて困った経験はありませんか?

特にWiFiルーターは無数に存在する上、何が違うのかが分かりにくいですよね。

実際、ネット上にもこんな意見が多く見られます。

WiMAXとは?

WiMAXとは正確には無線通信システム(無線インターネット接続機器)の世界基準の1つです。

ですが、日本では「UQコミュニケーションが運営する無線WiFi」と思っておけば問題ありません。

さて、WiMAXといえば…というほどCMがユニークです。

一度はCMを見たことがある人が多いのではないでしょうか?

最近はこのようなCMを流しています。

TJ

次々に新しいCMをバンバン流していることから、その好調さがうかがえます。

この秘密はどこにあるのでしょうか?

少しTwitterをのぞいてみましょう。

TJ

便利さ、通信制限、速度、エリアあたりがキモでしょうか。

料金もどうなっているのかこの後徹底的に調査していきます。

どのような会社が運営している?

UQコミュニケーション(KDDIグループ)がサービス運営しており、2009年からサービス提供を始めています。

WiFi業界の中では歴史の長い会社で信頼度も高いです。

ここで契約者推移を見てみると、急成長していることがわかります。

TJ

単純計算で4人に1人くらいが使っていて、ずっと右肩上がりで成長していますね!

特に2013年〜2016年くらいの伸びがえげつない…

一人暮らしにWiMAXがオススメな理由

一人暮らしでネット回線を使うことを考えた場合、次のような方法があります。

  • スマホの大容量プラン
  • 固定回線
  • 無線WiFi

TJ

どれを選んだら良いかに頭を悩ませる方が非常に多いです。

プランも複雑で性能も似たり寄ったりのものばかりで、わかりにくいですよね。

そこで、TJは次に挙げる5つのポイントを軸に選んでいけば良いと考えます。

  • 料金
  • 通信容量
  • 通信速度
  • エリア
  • 開通までの期間

TJ

すると、必然的に一人暮らしにはWiMAXがオススメという答えが見えてくるのです。

その理由について詳しく説明していきます。

理由1:趣味や貯蓄にお金が使える

何よりも気になるのが料金かと思います。

WiMAXはスマホの大容量プランや固定回線に比べて初期費用や月額料金が安いので、節約が可能です。

節約した分は趣味や貯蓄に回しましょう!

TJ

値段に幅があるのは同じWiMAXを契約しても、どこで契約するかで料金が変わるためです。

また、初期費用が高い固定回線が△になっているのは、長く使えばスマホの大容量プランよりお得だからです。

また、一見他社WiFiの方が端末代が安いと感じるかもしれませんが、代わりに月額料金に端末代が上乗せされているためです。

一ヶ月あたりの値段の差が3,000円ほどでも、一年で2万6,000円、3年契約を続ければ7万8,000円の差が生じてしまいます。

月額料金を抑えることがいかに重要かが体感できると思います。

◯ポイント

WiMAXは初期費用や月額料金が安い!

理由2:スマホプランの見直しも可能

若干前の項目と被りますが、WiMAXを導入することによりスマホプランの見直しで大きく節約することが可能になります。

つまり、WiMAXでスマホ通信の大部分を置き換え、スマホのデータプランをその分下げるということです。

下図のようなイメージです。

このシミュレーションはS社のプランで行いましたが、WiMAXはKDDIの資本が入っている関係でauのプランと組み合わせるとさらにお得になります。

持ち出しできるルーター(モバイルルーターと呼びます)を使う場合、持ち歩く必要があるので荷物が重くなったり、充電をスマホと合わせて2台分管理する必要があるのがデメリットです。

ただ、少なくとも家で使う分をWiMAX回線とするだけでも大きく節約が可能になります。

TJ

月々の節約と少しの手間を天秤にかけてどちらがいいか選びましょう。

TJは絶対に節約ですが。

◯ポイント

WiMAXの活用でスマホ料金もおトクに!

理由3:長い時間動画が見られる

WiMAXの料金プランは2019年10月1日〜「ギガ放題」のみになりました。

契約期間のタイプがいくつかあり、料金が異なります。

もちろん、ライフスタイルによってでどれが良いかは違ってきますが、TJは2年(自動更新あり)をオススメします。

というのも、2年あれば世の中のサービスが大きく変わるからです。

月間通信量は無制限ですが、3日で10GB使うと速度制限に引っかかってしまうので、高速で通信可能な月間通信量は90GB(3GB×30日)です。

TJ

10GBの目安はこれくらいです。

動画やゲームをたくさん使用しなければ十分な容量ですね。

一人暮らしでそんなにデータを使わないという方もいるかと思いますが、友人を自宅に招いた時に容量ないからWiFi貸せないとは言いにくいですよね。。

また、他社でもWiMAX同様の月間通信量無制限プランが存在しますが、高速通信が可能なのは月間7GBまでと非常に不便です。

◯ポイント

WiMAXは高速通信が大量に使える!

理由4:重い動画もサクサク!

WiMAXの特徴は高速通信で、モバイルWiFiの中では最速級の速さです。

その速度は最新機種「W06」で1,200Mbps※に対し、固定回線は1,000Mbps〜2,000Mbpsと固定回線に比べて見劣りしません。

※数字が大きいほど高速通信が可能です。

WiMAXをはじめとするモバイルWiFiは固定回線より遅いというのはもはや過去の常識になっています。

TJ

もちろん安定性という意味では固定回線にはかないませんが、速度は十分ですね。

なお、マンション等の集合住宅の場合回線を共有していることが多く、利用が集中する時間帯は遅くなる可能性があります。

◯ポイント

固定回線並みの速度を使いたいならWiMAX!

理由5:色々な場所で使える

少し前まで、WiMAXの通信エリアは狭いということがよく言われておりましたが、近年ではだいぶ改善されてきました。

都市部では人口の99%以上をカバーしています。

とはいえ、一部地域では繋がりにくいエリアが存在することも事実なので、事前にエリアを確認しておいた方が無難です。

最終手段として、追加料金(月1,000円)を払うとauと同じエリアで通信可能にする方法もあります。

UQWiMAX/auの通信可能エリアはこちら

◯ポイント

WiMAXは利用可能エリアが広い!

理由6:申し込んだ日から使える

固定回線を使い始める時の最も大きなデメリットは、工事です。

TJ

4月などの繁忙期は1ヶ月待ちなんてこともあるそうです!

1ヶ月もネットを満足に使えないのはストレスが溜まります。。

マンション等の集合住宅の場合には、管理会社に回線導入可能か聞く必要がありますし、部屋の中に機器を導入するため立会いも必要です。

(回線の提供エリア内でも対応していない物件は結構あります)

TJ

固定回線は費用がかかる上に立会いで休日を取られ、スケジュール調整も面倒ですよね。。

急な引越し(転勤)が決まってしまうと解約金も必要…!

場合によっては撤去工事費用も請求されてしまうかも…⁉︎

一方でWiMAXは固定回線のようにケーブルを引っ張ってくる必要がないので、工事が不要です。

機器を手に入れたら電源ONにして繋げれば、あっという間にネット環境が揃ってしまいます。

さらに、機器申し込み当日に店舗から直接受け取ることが可能になりました!(東京、埼玉、大阪限定)

また、東京23区内限定ではありますが、バイク便による当日受け取りサービスも始まりました。

ぜひこういったサービスを拡大していただきたいですね。

当然他社ではこのような取り組みはされていません。

こう考えると早く確実に開通できるWiMAXは一人暮らしにピッタリですね。

◯ポイント

工事不要&即日開通は一人暮らしの強い味方!

WiMAXのデメリット

ここまでWiMAXのいいことばかりお話ししましたが、もちろんデメリットもあります。

細かいこともありますが、大まかにこれらに分類されます。

  • 10GB/3日の速度制限があり、複数人で使うと以外と早く速度制限がかかる
  • 固定回線に比べて不安定な時があり、オンラインゲームが快適でない時がある
  • 少しづつ改善されつつはあるものの、地方では使えないこともある
  • そして、何よりも申し込み手段が多すぎる…

TJ

まさにコレです!

WiMAXは一人暮らしに最適なのですが、申し込み方法が多すぎるんですよね。。

しかも、同じサービスなのに申し込み方法によって3年で数万円以上損してしまう可能性があります!

ではどうやって申し込むのが一番良いのでしょうか?

その答えは次の章で明らかにしたいと思います。

◯ポイント
  • WiMAX圏外エリアで一人暮らし中(予定)
  • 高画質動画の長時間視聴やオンラインゲームの利用がメイン

という方以外にWiMAXは一人暮らし向けのWiFiとして最適!ただし申し込み方法には注意!

コラム:WiMAX最新機種の機能

この記事ではあまり機器について触れていませんが、機器選びも快適なネット環境を整えるには必要な要素です。

2019年1月に販売開始したばかりの最新機種W06の機能について紹介したいと思います。

特筆すべき特徴は3つあります。

①USBケーブルで高速通信

ハイスピードエリアプラスモードにしてUSB接続することにより、複数の電波を同時に使用して高速通信を可能にします。

②高性能ハイモードアンテナ搭載でアンテナ感度が向上

これまで繋がりにくいと言われていた屋内や障害物が多い場所でも、電波を受信することができます。

③TXビームフォーミングで受信速度が20%アップ

通常電波は放射状に広がるのですが、接続機器を感知して電波を集中させることができる技術です。

この技術により、繋がりにくかった部屋の端でも受信速度が上がります。

こういった嬉しい機能がついて便利になっているので、TJはできるだけ最新機器を持つようにしています。

WiMAXはどこで契約すべき?

WiMAXは次の方法で契約が可能です。

  • UQコミュニケーション直営店
  • 家電量販店等の店舗
  • インターネット経由でUQコミュニケーション(販売元)
  • インターネット経由でUQWiMAXのプロバイダ(代理店)

結論から言うと、インターネット経由でUQWiMAXのプロバイダからの申し込みが一番安いです。

TJ

ですが、安いからといってサービスが悪くなる訳ではありませんので、ご安心ください。

サービスの質が変わらない理由は次の通りです。

販売元であるUQコミュニケーションはCM等の広告宣伝費や利用可能エリアの拡大など多くの投資が必要です。

一方、代理店であるプロバイダはUQコミュニケーションの商品を代わりに売るだけなので、多くのコストが必要ではありません

その分を独自の割引としてユーザーに還元しているというカラクリになっているのです。※

※ただし、2019年10月1日〜新料金プランが始まったので、まだ旧料金体系のままになっているプロバイダが多いです。

TJ

利用料金が安くなるのはユーザーにとって嬉しいですね。

ただ、プロバイダは1つや2つではないところが悩ましいです。

比較するの大変ですよね、、ということでTJが代わりに料金比較しました

(おまけで補償サービスの充実度も)

UQコミュニケーションとオススメプロバイダ6社の合計7社を紹介します。

TJ

どこから申し込むかでだいぶ料金が違いますね。

TJはGMOとくとくBBかかBIGLOBEをオススメします。

とくとくBB

まずは一番料金が安くなったGMOとくとくBBの紹介です。

名前からも分かる通り、運営は東証1部上場企業であるGMOグループ(GMOインターネット)です。

TJ

利用料金が安いこと以外にも、こんな特徴があります。

端末代が0円で利用開始できるので、最初に大きな出費がありません。

また、最短即日発送※に加えて20日以内のキャンセルOKはいいですね。

※通常4営業日以内に発送

補償に関しては月額300円〜加入可能ですが、水漏れもカバーしたい場合は月額500円必要です。

◯注意点
  • 過去に同名義での契約があるとNG
  • 他キャンペーンとの併用NG

DTI

次にオススメなのがDTIです。

GMOとくとくBBとの差額は3年で4,000円ほどです。

DTIの特徴は利用開始月と翌月の料金が無料になることです。

TJ

つまり、DTIは月初に利用開始した方がお得ということです。

以降の料金は3,760円を上限に徐々に上がっていきます。

補償はGMOとくとくBBと同じで通常:月額300円、水漏れ:月額500円です。

Broad WiMAX

次いでオススメなのがBroad WiMAXです。

注目すべきは、月額1,004円かかるLTEオプションが無料で使えることです。

LTEオプションを使うことにより、auの高速通信がWiMAXで行えます。

TJ

地方で電波が弱めなWiMAXの弱点をカバーできます。

◯LTEオプションの注意点
  • LTEでの通信が月間7GBを超えると速度制限
  • 3年プランでの契約のみ

最も注意すべきなのは、LTE通信の速度制限がかかると、関係のないWiMAX通信でお速度制限が適用されることです。

また補償は月額550円のみですが、水漏れまで対応しており充実しています。

BIGLOBE

クレジットカードのみ対応のプロバイダが多いのですが、口座振替にも対応しています。

また、2019年末までキャッシュバックを行なっています

TJ

キャッシュバック額は1万円とお得なので、これを見逃すわけにはいきません。

補償オプションはありません。

カシモ

2ヶ月無料で使えるDTIほどではありませんが、古い機種であれば初月無料、翌月1,380円と格安で使えます。

徐々に料金が上がっていき、3年経過時には月額4,079円になります。

上図に記載の料金は1世代前の機種を選んだ際の料金なので、最新機種を選ぶと2,300円料金が高くなります。

補償は月額300円と安いですが、外部損傷・水濡れ・全損は補償の対象外です。

So-net

BroadWiMAX同様、月額1,004円かかるLTEオプションが無料で使えます。

LTE使用の注意点も同じです。

月額は高めですが、オプションを含めたサポートが充実しているのが特徴です。

TJ

特に2年10ヶ月以降の機種切り替えが無料なので、継続利用するには良い制度です。

申し込みと同時にオプション加入すると12ヶ月オプション料無料のキャンペーンも行なっています。

UQコミュニケーション

最後は本家のUQコミュニケーションです。

安心感はありますが、運営に大きなコストがかかっているので、ユーザーの料金的なメリットはありません。

3年契約で月額1,004円かかるLTEオプションが無料で使えます。

LTE使用の注意点はBroadWiMAXの部分をご覧ください。

また、補償はどのプロバイダよりもしっかりしており、月額380円で故障・水濡れ・全損・盗難までカバーされています。

WiMAXの契約手順

次に契約手順についてお話しします。

契約とは言っても申し込みの流れが改善されて、思った以上に簡単になっているので身構える必要はありません。

ここでは最もスタンダードである「UQコミュニケーション」での手順で説明します。

細かいところはプロバイダによっても違いますが、大まかな流れはどこも同じです。

TJ

混雑具合にもよりますが、数日あれば自宅に届きます

また、初月は日割りもしくは無料のところが多いので、月末に利用開始したから損ということは少ないです。

機器が届いたら、説明文に従って電源をつけてパソコンやスマホを繋げればすぐに使えます。

まとめ

今回は一人暮らしにはWiMAXが最適な理由と、どこから契約するのがお得かについてまとめました。

この記事を通じていいものを選べたと言っていただけたら幸いです。

ベストなものを最短時間で見つけられるような記事を目指して書き続けます。

この記事を書いたライター

TJ

生粋の投資マニア。

幼少期の経験が原因でお金大好き。

収入のほとんどを投資している。

貯金0から5年で資産◯千万円(ヒミツ)を達成し、ほぼ全てを投資中。

この記事に関連するラベル

ページトップへ