独身女=みじめ!?どんな時に感じた?みじめに思う女の特徴

記事更新日: 2021/10/12

ライター: はな

この記事でわかること
  • 独身女はみじめなのか?
  • 【独身女に聞いてみた】みじめと思ったことある?
  • 周りが思うみじめな独身女の特徴

はな

こんにちは はなです。

20代前半は周りは『ほぼ独身』で結婚している人の方が少ないのですが、20後半30代と歳を重ねると独身が少なくなっていきます。

20歳前後の独身の人に『将来結婚すると思いますか?』という質問に対し、大半の人が『結婚すると思う』と言っています。

そんな中で女性が独身で歳を重ねていくと『みじめ』という言葉が付いてくるようになります。

 

『独身女=みじめ』なのでしょうか?

今回は独身女性の声を聞く為にサムログユーザーにアンケート実地、また、周りからみじめだと感じてしまう独身女性はどんな人かアンケートを取りました。

はな

実際に独身女がみじめなのかまとめました。

ライタープロフィール
ライター:はな

ひとり哲学「結婚しても孤独は終わらない。」
ひとりタイプ:ストイック
1986年7月19日生まれ(35歳)
趣味:和装・社交ダンス
友人の中で最後に結婚する
ひとり時間と夫婦の時間のバランスが大切です。

独身女はみじめなの?

本当にみじめじゃないの?

『独身女=みじめ』ではありません。

世の中には『30半ばで独身女はみじめ』なんて言っている人もいるかもしれませんが、『みじめ』かは自分自身で判断することです。

自身が幸せで楽しければ『みじめ』なんかではありません。

しかし、周りから『みじめな独身女』と思われる人の特徴があります。どんな独身女がみじめに感じられているか同じ記事で特徴を紹介します。

 

独身は増えます

年々、独身の人は増えています。昔は独身女性の給料では人生が生きていけない時代もありましたが、今は女性が独身でも生きていける時代になりました。

内閣府から出された令和3年版少子化社会対策白書によると2040年50歳時に未婚割合の将来推計は女性18.7% 男性29.5%と言われています。(参考資料:令和3年版少子化社会対策白書

 

と言いつつ、人生生きているとみじめの感じてしまうことや切なくなってしまうこともあるものです。

はな

独身時代、『みじめ』と感じる瞬間はありました。周りの人もあるはずと思い、アンケートを取って『みじめと感じた経験があるか』聞いてみました。

 

【アンケート】みじめ と感じた経験ある?

独身が『みじめ』と感じた経験ありますか?

はな

独身をみじめと感じた経験があるか聞いてみました。

 

YESと答えた人に

『1年以内に みじめの感じたことがある』か聞いてみました。

多くの女性は経験があるようです。また、20代より30代の女性が多くなり、40代になると少し減りました。

なんで30代より40代女性の方がみじめと感じなくなるか、意見を聞かせて頂きました。

  • 30代の時にみじめに感じることが多かったけど、次第に慣れ始めた。
  • みじめと卑下するより幸せと感じたいと思うようになった。
  • 他人からの意見を上手くスルーできるようになった。

30代独身女性より40代独身女性の方が精神的にも成長し、自分の価値観を確立できている人が多い印象でした。また自己肯定ができるようになっています。

 

どんな時みじめに感じた?

友人が結婚・出産の報告がきた時

友人の幸せな報告が嬉しくお祝いしたい気持ちで心が温かくなる一方、友人が次のライフステージに行ったのに自分が停滞しているように感じてしまいます。

周りがどんどん結婚し、既婚者が増えていくと独身が少数派に感じてしまう人もいます。また少数派に劣等感を感じてしまう人もいるようです。

しかし、ライフステージは人によって異なります。『隣の芝生が青く見えている』だけということもあるので、自分がどうしたいか考える機会にしてみましょう。

みじめに感じた理由
  • 自分だけ成長していない気がしてしまった。
  • 周りが結婚しているのに自分だけ結婚できずにいるから。
  • 輝いて見えた。

 

婚活パーティーの参加者が20代半ばの女性が多かった時

年齢例制限のない婚活パーティーの参加女性の年齢は20代~40代と幅広いのですが、参加者の多くは20代が中心で、男性からの人気も20代です。その中で30代というと急に人気がなくなります。

そうなると『男性からの需要がない』と感じてしまい、『みじめ』と感じてしまう人がいます。

はな

私はこの経験あります。30歳になってすぐ参加した婚活パーティーのフリートークの時、男性1人しか話しかけてくれませんでした。30代と20代後半に大きな壁を感じました。

婚活パーティーも20代がいない婚活パーティーや年下男性・年上女性向けなど様々な企画があります。年齢でみじめに感じた経験がある人は自分の年齢が輝ける企画を選んで挑戦していきましょう。

みじめに感じた理由
  • 年齢だけでこんなに差があるとは思わなかった。
  • 結局若い女性の方がモテる。
  • 年齢に対して劣等感を感じてしまった。

 

自分を『みじめかも』と思ってしまう時

友人のライフステージが変わる時や年齢によって周りの対応が変わってしまう時に『この歳で独身はみじめ』と感じる人が多いようです。

世の中の多くは『結婚や出産が女性の幸せ』という風潮が色濃く残っていますが、幸せは人それぞれです。自分の幸せとは何なのか自分と会話してみましょう。

 

日常で年齢によって対応が変わることはなかなかありません。その為、婚活パーティーで年齢によって反応が変わるという経験は衝撃的かもしれません。しかし、婚活パーティーは『年収・年齢』を気にするのはお互い様なのでみじめに感じる必要はありません。

 

『みじめと思われている』独身女の特徴

若作りをしている

好きなファッションやメイクをすることは良いことですが、周りから見た時、若作りに見えてしまうと年齢にあらがっているように感じられてしまいます。

また、体型や髪・肌の手入れなどで若々しさを出すことができます。若く見せたい場合はファッションやメイクなどの外からではなく、内面からにじみ出る『若々しさ』を大切にしましょう。

周囲の意見
  • 若い時の恰好をしていると時代を感じる。
  • 若々しいと勘違いしている。若作りは痛い。

 

男性に対し高望みしている

男性に対し、いまだに三高(高学歴・高身長・高収入)を求めて、独身でいる女性をみじめと感じる人が多いようです。

高収入というと年収1,000万をイメージする女性が多いようですが、2019年分民間給与実態統計調査によると給与所得年収1,000万円以上の男性は7.6%しかいません。未婚男性で年齢を狭めてしまうと更に少ないと言えます。

ここにルックスや身長の希望まで入ってくるとどれだけ厳しい現実なのか想像できますね。

周囲の意見
  • 現実を見た方が良い。
  • 年齢的にそういう時代だったのかもしれないけど、考えが古い。

 

性格がキツイ

性格がキツイと言っても様々なキツさがありますが、性格がキツイ人の特徴として『言葉使いが荒い・口調が強い・人を見下す態度を取る・不機嫌なことが多い』があげられます。

その人の口調によって性格がキツイと判断する人が多いでしょう。また不機嫌な人と一緒にいたいと思う人も少ないですし、どれも人が寄ってこないものと言えます。

人はひとりでは生きられません。男女問わず人が寄ってこないと寂しい人生になってします。

周囲の意見
  • 性格がキツイから男が寄ってこない。
  • 仕事ならまだしも、プライベートでは勘弁して欲しい。

 

恋人が欲しい・結婚したいと言っているだけ

本気で恋人が欲しい・結婚したいと言っているのに、言っているだけで行動しないのは周りから見ていると『子どもがおもちゃ欲しい』と言っているのと同じです。

年齢が30歳以上になってくると既婚率も高くなる為、紹介してもらおうとしても紹介できる人が限られてきます。

周囲の意見
  • 待っていても王子様は来ないし、そう見えて痛い。
  • 社会人になったら待っていれば彼氏ができる訳ないのに動いているのは口だけ。
  • 言っているなら行動しろと思う。

 

自分を卑下している

自分に全く自信がなく、ネガティブな発言をしたり、卑下していては魅力的に見えません。また、その言葉を聞いた人はみじめな人という印象までついてしまいます。

自分に自信を付けることはすぐにできることではありません。まずは『時間通りに起きることができる』『遅刻しない』など毎日当たり前のようになっていることで自分を褒めてあげましょう。

また、日本の美徳として自分を謙遜することはありますが、卑下とは違います。自分を卑下するのではなく、謙遜していきましょう。

周囲の意見
  • 自分を卑下している女性は暗い印象がある。
  • 何で自分のことを悪く言っていて一緒にいると疲れる。

 

独身女がいるから成り立つ

年齢を重ねると独身であることが『みじめ』と感じてしまうことがあるかもしれませんが、独身の女性がいることで助かっている人も多くいます。

職場に独身女性がいることで、子どものいる女性の分の仕事を請け負ったりと助かっているという声があります。

全員が子どもがいるのでと言っていては仕事が滞ってしまいます。もし、独身である自分に自信が持てない人がいたら『仕事をしている自分』を誇りに思ってあげましょう。

この記事を書いたライター

はな

ひとり哲学「結婚しても孤独は終わらない。」

ひとりタイプ:ストイック

1986年7月19日生まれ(35歳)

趣味:和装・社交ダンス

付き合い始め~結婚した後もひとり時間と二人の時間のバランスが大切です。

この記事に関連するラベル

ページトップへ