【iColud/パソコン対応】iPhoneのバックアップ作成方法

記事更新日: 2020/08/14

ライター: TJ

 

このiPhoneも長いこと使っているから、そろそろ機種変更したいなー!

バックアップとった方がいいって聞いたんだけど、どうなんだろう?

 

私は一回もバックアップ取ったことがない…

TJ

バックアップは時間がかかるので後回しにしがちですが、故障してからでは遅いですよ!

この記事を書いた人
投資マニア  TJ  30代
投資マニア兼FP(ファイナンシャルプランナー)兼格安SIMアドバイザー。
普段は格安SIMをはじめとするお金に関する相談を有料で受けている。
小さい頃から近所の機械屋として、様々な人の機械を修理してきた。
その影響もあり電子機器の取り扱いも得意。

TJ

バックアップは、何らかの不具合でiPhoneが正常に動かなくなった時にも使えます。

現状で特に異常がなくても定期的にバックアップを取ることをオススメします。

この記事でわかること
  • 2つのバックアップ方法と違い
  • バックアップに関する注意点
  • 知って得する情報

各ボタンから見たい項目にジャンプできるようにしてあります。

ぜひご活用ください!

※本記事に載せているiPhoneの画面はOSバージョン13.5.1のものです

※iOSのバージョンが最新でないと使えない機能もあります

2つのバックアップ方法と違い

TJ

iPhoneでバックアップを取る際、2つの方法があります。

手順が違うので、最初にどちらかを選択する必要があります。

  • iCloud上に保存
  • パソコン内に保存

 

…と言われても、何が違うのかサッパリなんだけど。

TJ

これらの方法にはそれぞれ以下のような特徴があるので、どちらを選べば良いかの参考にしてください。

TJ

基本的にはバックアップの容量が小さくなりそうであればiCloud、そうでなければパソコンを選択しましょう。

目安としては写真を1,000枚以上保存したいのであれば、パソコンの方が良いでしょう。

 

私は写真が多いからパソコンね!

 

僕はパソコン開けるの面倒だからiCloudにしようかな。

TJ

また、両方のバックアップ方法に共通することですが、アプリの中身はバックアップされません

LINEやゲームのデータを保存したい場合は、別途設定が必要です。

■バックアップできるデータ例

  • アプリ
  • 写真
  • 動画
  • 電話帳
  • メモ
  • iPhoneの設定
コラム:LINEのデータバックアップ

TJ

例えiPhoneのバックアップを取っていても、LINEの中身は保存されません。

トーク内容をバックアップしたい時は、以下の操作を行なってください。

  • LINEホーム画面→設定→トーク→トークのバックアップ

TJ

この方法ではiCloudを使っています。

トーク自体は容量が大きくなりにくいので、無料で使える5GBがあれば十分です。

過去に作成したバックアップから復元する方法の記事も作成中なので、作成完了したら更新します。

関連記事

iPhoneをバックアップから復元する方法

近日公開予定

iCloudを使う場合

TJ

iCloudでバックアップを取る場合、必要なものはWiFi通信環境と電源です。

パソコンは必要ありません。

TJ

忘れがちなのが電源への接続です。

電源を接続していないとバックアップできない仕組みになっています。

■iCloudでバックアップ

  • iPhoneを電源とWiFiに接続→設定→ユーザー名→iCloud→iCloudバックアップ→今すぐバックアップを作成

iCloudのメリット・デメリット

TJ

iCloudのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • iPhone以外の機器が不要
  • 手軽に開始できる
  • クラウド上に保存されるので、データの盗難や紛失がない
  • 5GB以内であれば無料
デメリット
  • WiFiと電源への接続が必須
  • 5GB以上のバックアップには月額料金が必要
  • パソコンに比べると処理速度が遅い
  • パソコンで取り込んだ音楽がバックアップされない

TJ

iClouldの容量別月額料金はこのようになっています。

容量が256GBのiPhoneを容量ギリギリまで使っていると、月額1,300円必要になってきます。

うまくできない時のチェック項目

TJ

iCloudでバックアップがうまくいかない時は、以下の項目をチェックしてください。

問題がなければ、iPhoneを再起動してみてください。

  • WiFiに接続しているか
  • WiFiが不安定でないか
  • iPhoneを電源に接続しているか
  • iCloudの容量が満タンでないか

パソコンを使う場合

TJ

パソコンでバックアップを取る場合、パソコンと接続ケーブルがあれば大丈夫です。

なお、インターネットへの接続は不要です。

TJ

ただし、iOSやmacOS/iTunesが古いと先にアップデートが要求され、インターネット環境が必要になってきます。

※macOS 10.14以前/WindowsではiTunesを用い、macOS 10.15以降はFinderに変更されました

■パソコンでバックアップ

  • パソコンに接続→iTunesまたはFinderを開く→iPhoneを選択→全てをバックアップにチェック→暗号化をチェック→今すぐバックアップ

パソコンのメリット・デメリット

TJ

パソコンでバックアップを取るメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • 追加料金が不要
  • パソコンの空き容量一杯までバックアップ可能
  • オフラインでもバックアップ可能
  • iCloud比で処理速度が速い
  • パソコンで取り込んだ音楽も保存できる
デメリット
  • パソコンが必要で、準備が面倒
  • 盗難の可能性がある
  • パソコンが壊れたらバックアップも消える

TJ

すでにパソコンを持っているのであれば、こちらの方法がいいのではないでしょうか。

うまくできない時のチェック項目

TJ

パソコンでバックアップがうまくいかない時は、以下の項目をチェックしてください。

問題がなければ、iPhoneを再起動してみてください。

  • iTunesが最新か
  • iOSが最新か
  • 非純正の接続ケーブルを使っていないか
  • iCloudの容量が満タンでないか

まとめ

 

よし、これでバックアップが取れた!

新しい端末を迎える準備ができて、ワクワクしてるよ。

 

いつ何が起こるか分からないし、これから定期的にバックアップを取っておこうかしら。

TJ

バックアップはちょっと手間と思うかも知れませんが、有るのと無いのとでは日常の安心感が違います。

この記事を書いたライター

TJ

生粋の投資マニア。

幼少期の経験が原因でお金大好き。

収入のほとんどを投資している。

貯金0から5年で純資産◯千万円(ヒミツ)を達成し、ほぼ全てを投資中。

FP、格安SIMアドバイザーの仕事もしている。

この記事に関連するラベル

ページトップへ