初心者が陥る罠!?リクナビNEXTの口コミ評判で判明した危険回避方法

記事更新日: 2020/09/09

ライター: かねもり

この3点に注意が必要
  • リクナビNEXTは大手が運営する転職サイトで基本的に登録すべきだが、転職活動の軸によっては他のサービスだけでよい人も。
  • リクナビNEXTは求人や掲載職種が豊富で検索がしやすいが、ニッチな求人を求める人は他のサービスも併用
  • リクナビNEXTは転職活動ノウハウが充実しており、初めて転職する人も転職活動を進めやすいが、人に相談しながら進めたい人はエージェントサービスも併用
守蔵

守蔵

転職サイトって登録するの結構めんどくさいな‥・

リクナビNEXTって登録したほうがいいのかな?

守蔵

守蔵

転職サービス登録しすぎて、連絡来すぎるのもヤダなあ

きょうこ先輩

きょうこ

そういう人にはリクナビNEXTが向いていると思うぞ

守蔵

守蔵

あっ!きょうこ先輩。

きょうこ先輩(28)

秘書課。23才の時に人材会社を起業。25才で株式譲渡し事業売却(バイアウト)。今の会社の社長に請われ、渋々1年間の契約でやってきた。意外と楽しいのでまだ残っている。転職市場にとっても詳しい。社長から人材戦略について相談を受けるが、気が向いた時だけアドバイスしている。

もりの守蔵(26)

IT部2年目。最近、転職情報を検索し始めたところ、仕事が手につかない。きょうこ先輩がなんで転職市場に詳しいのかよくわからない。バイアウトは未知の野球用語だと思っている。

リクナビNEXTは転職ビギナーむけ?

リクナビNEXTはズバリ登録すべき?

きょうこ先輩

きょうこ

結論から言うと、初めて転職活動をするならまず登録するといい

守蔵

守蔵

なんでですか!?

きょうこ先輩

きょうこ

最初から最後までリクナビNEXTだけで完結するからだ。

守蔵

守蔵

へ?

きょうこ先輩

きょうこ

まず、転職活動の進め方の情報が豊富だ。ほれ。

『引用:「リクナビNEXT|転職成功ノウハウ」』

守蔵

 

守蔵

おお!転職ノウハウが!こんなにも!!

きょうこ先輩

きょうこ

そして、求人数も多くて幅広い。

きょうこ先輩

きょうこ

これはのちほど説明しよう。

守蔵

守蔵

なるほど。てことはリクナビNEXTだけ登録しとけばOKってことですね!?

きょうこ先輩

きょうこ

いや、それはその人による。

リクナビNEXTより優先すべき転職サービスがある!?

ほかの転職サービスのおすすめ

  • 転職活動の軸をみつけるため、いろんな切り口で求人をながめたい場合は『マイナビ転職』がおすすめ
  • 人に転職を相談したり、話しながら履歴書や面接の準備がしたい場合はエージェントサービスがおすすめ
  • 転職活動の方向性が決まったあとは志望業界や志望職種に応じた専門サイトがおすすめ
きょうこ先輩

きょうこ

つまり、あなたが今どの段階にあるかによるな。

マイナビ転職』の特徴

  • マイナビが運営する転職サイト
  • 求人の検索がしやすく「業種」「給与」「地域おこし」「5日以上休暇取得可能」など豊富な検索の切り口 がある
  • 様々な切り口で求人を検索することで、転職活動の方向性(軸)を決めるための参考になる
  • 軸が決まっていない人は、マイナビ転職を眺めながら自分の軸を探るのがおすすめ
守蔵

守蔵

ところで、『エージェント』とは?

きょうこ先輩

きょうこ

相談できるキャリアアドバイザーだ。応募者一人一人に担当としてついてくれる。

リクナビNEXTは○○なビギナーむけ!

守蔵

守蔵

それではリクナビNEXTは結局どんな人に向いているのでしょうか…?

きょうこ先輩

きょうこ

自分のペースで転職活動を進めたい転職初心者に向いている。例えば…

  • 人から電話がかかってきて、求人を進められるのがイヤ
  • 夜勤があるので日中に電話などのやり取りがしずらい
  • 転職エージェントに相談しているが、あまり自分のペースに合わない…
守蔵

守蔵

たしかに自分のペースで進めたいけど、転職活動の進め方は教えてほしいし…

きょうこ先輩

きょうこ

リクナビNEXTならそういう人でも自分のペースで進められる。

転職のノウハウも充実しているし、職場の雰囲気など取材力も強い。

守蔵

守蔵

本当ですか?!

きょうこ先輩

きょうこ

では、リクナビNEXTを詳しく見てみよう

リクナビNEXTの特徴とは?

リクナビNEXTのサイトの規模は?

『引用:「㈱エール|リクナビNEXT(ネクスト)の特徴」』

守蔵

守蔵

会員も求人も『マイナビ転職』よりやや多いですね

リクナビNEXTの掲載求人は?

『引用:「リクナビネクスト|職種一覧」』

きょうこ先輩

きょうこ

業種や職種も幅広い

リクナビNEXTのスカウト機能で会社にばれる!!?

きょうこ先輩

きょうこ

さて、よく聞かれるのは「スカウト機能」についてだ。

守蔵

守蔵

「スカウト」ってなんか魅力的な響きだなあ

きょうこ先輩

きょうこ

レジュメや履歴書を公開しておくと企業側からオファーが届くサービスだ。

守蔵

守蔵

あっでも今の会社に見つかる可能性もありますよね!?

きょうこ先輩

きょうこ

念のために現在の勤務先、取引先、関連会社などをブロックしておくとよいだろう。

リクナビNEXTのスカウト機能の特徴

  • 自分が検索しなくても、企業の人事担当者が検索してオファーをしてくれる機能
  • 自分のレジュメと履歴書を公開しておくとよい
  • 企業側に個人が特定されるような個人情報(氏名、メールアドレス、生年月日、住所、電話番号、勤務先名など)は公開されない
  • とはいえ、偶然見つけた人事の人がレジュメの内容からもしかして○○さんなのではと推測できる可能性がある
  • 念のため、現在の勤務先や取引先、関連会社など見つかりたくない企業はブロックしておくと安心

リクナビNEXTはココがすごい!

守蔵

守蔵

スカウト機能のほかにはどんな機能があるのでしょうか?

きょうこ先輩

きょうこ

こんな機能があるぞ。

それぞれ見てみよう。

 

  • 『転職成功ノウハウ』
  • 『リクナビNEXTの取材から』

リクナビNEXT|『転職成功ノウハウ』

  • 転職活動の基本的な流れから、履歴書などの書き方、求人の探し方、退職の仕方などのノウハウを学べる
  • Q&Aも豊富な質問と回答がありわかりやすい
  • はじめて転職するが、人に相談するのではなく自分のペースで進めたい人に向いている

リクナビNEXT|『リクナビNEXTの取材から』

  • 求人ごとに「リクナビNEXTの取材から」のタブがある
  • 通常は知れない職場の環境などの情報もある
  • 転職先を選ぶ際の軸として職場の雰囲気や環境を重視する人は参考にすべきコンテンツ

リクナビNEXTの特徴まとめ

リクナビNEXTの特徴をまとめると?
初めて転職するけど自分のペースで進めたい人におすすめ!

「リクナビNEXT」は
  • 自分で検索して求人を探すことができる転職サイトである
  • 求人数がある程度多く、業種が幅広い
  • 転職活動の進め方について、丁寧に解説(『転職成功ノウハウ』)
  • 職場の雰囲気など求人だけではわかりにくい内容も、ある程度取材されている(『リクナビNEXTの取材から』)
といった特徴があります。初めて転職するが、エージェントに相談することで相手のペースに合わせるのが嫌な人や、夜勤などで合いにくい仕事をしている人にとっては、力強い味方になるでしょう。
また、ある程度方向性が見えてきている人や転職活動になれてきた人は、リクナビNEXTのほかに志望業界に特化した専門サイトなどの他のサービスも併用するのがよいでしょう。
「スカウト機能」については、100%精度が高いマッチングというわけではありませんが、自分では考えつかない転職活動の幅を広げてくれる求人と出会える可能性があります。どうしてもメールが来るのが嫌な人でなければとりあえず登録しておくとよいでしょう。ただし、現在勤務している人は念のために勤務先などに対して非公開設定にしておくのが安全です。

リクナビNEXTの評判・口コミは?

リクナビNEXTの良い口コミは?

内容は具体的で履歴書でのPR方法(短所を逆手に長所としてアピールすること)や面接を想定した自己分析(様々な例文、回答があり自分に合う回答を分析できました)またマナーについて、様々なことをサポートして頂きました。

最後になりますが、私にとってサイトの一番の魅力は就活のやり方を示してくれることでした。転職に関わらず、全ての就職に必要としている方がいるのではないでしょうか。

リクナビネクストはエージェント式ではなく、掲載情報を見て自分で判断して応募するタイプのサイトです。

転職活動の初めの方ではエージェント経由の方がいい、安心できる!と思っていましたが、意外とそうでもないな…と思うようになりました。オファー機能はまあまあかな、という満足度です。

私はマメにサイトをチェックしていたので、オファーが来ても「もう見たやつだ」ということが多かったです。

ただ、私個人にあてたメッセージ付きでオファーしてくれる企業には好印象だったので、応募前に企業側からメッセージが送れるのはいい機能だなと思っていました。興味をひかれますし。

一番参考になったのは求人情報の濃さ。「リクナビNEXTの取材から」などで社内情報をかなり出している企業とそうでない企業があって、自分の指針にあった企業を見つけやすかったです。「この企業は写真も出していないし、同僚の皆様の声が社長からの1つしかないな…あまり社風がオープンじゃないとか、トップダウンなのかな」「ここは写真がバーベキューとか社内イベントが多いな、そういう空気が好きな人が向いてるんだろうな」といったようにです。

前職の条件が悪化したため、転職先を探して、現職中からさまざまな転職サイトとエージェントに登録しました。登録したのは、リクナビネクスト、リクルートエージェント、dodaエージェント、パソナキャリア、マイナビエージェントなどです。(その他にも転職サイトには登録しています)

大手有名転職エージェントに4社ほど登録しましが、現職中であると伝えても業務中の電話がしつこく、また応募意思がないと伝えても勝手に書類を提出していたり、また応募企業からのレスポンスがなかったりなどとうまくすすめることができませんでした。

非公開求人という言葉でたくみに誘っているようでしたが、電話越しにはノルマに追われてどこかに早く就職させてしまおうといった雰囲気が伝わるほどのゴリ推しが強かったです。

土日や夜の対応はできないの一点張りで、応募したい企業への面接をとりつけてくれることもありませんでした。

転職サイト経由でスカウトと言って連絡をとってきては、エージェント自社への登録を誘導されるのですが、手間がかかるばかりで、現職中の人にはなおかつ、技術職であり時間が不規則な自分には向いていなかったように思います。

しかし、リクナビネクストはアプリで応募が可能であり、キーワード検索でこまかいキーワードを広い、とある企業の専門職というかなり狭い範囲まで検索結果で表示してくれました。応募先企業も対応がはやく、メールのみで書類提出が完了し、面接まですすめることができ、スムーズに転職ができました。

リクルート社が運営する転職サイトだけあり、求人案件の量および質ともに他サイトより頭一つ抜けている感じがします。

私はIT関係の転職で利用しましたが、他転職サイトに比べて2−3割は求人案件が多い気がします。

求人案件内容も写真等の付属情報ありで丁寧にまとめられており、会社の概要が分かり安いと思います。

利用者視点ですとプロフィールや職務経歴の記載には各業界毎のテンプレートも提供されていますし、スキル選択や自由入力の内容も多く、会社への自身のアピールがとても実施し易いと感じました。書類選考突破率も気持ち高めな気配がします。

『引用:「BEST WORK|リクナビNEXTの評判・口コミの一覧ページ」』

守蔵

守蔵

リクナビNEXTのほうがエージェントサービスよりしっくりきたという意見が複数ありますね

きょうこ先輩

きょうこ

サービスとの相性はその人によるということだな。基本的にはエージェントに相談して履歴書などを整えたほうがいいといわれるが、リクナビNEXTは履歴書の書きかたなどのノウハウもある程度自分で身につけられる

リクナビNEXTの悪い口コミは?

大手なのでとりあえず…と登録。

適性をもとにおすすめされる案件は、自分の希望から外れているものもよく来る。

あと、タクシー会社とか生保とかからのオファーがやたら多い(笑)。

でも、さすが大手なので、案件数は多いです。

サイトの使いやすさもまぁまぁよいと思う。

希望する業界は食品添加物の研究開発職というニッチな分野だったこともあり、完全に合致するような求人の紹介は中々ありませんでした。どちらかというとエージェント会社の紹介やオファーが多かった印象です。

その一方で、求人の取り扱い数に関しては非常に多いサイトということもあり、食品業界や化成品業界などの研究開発職の求人を積極的に紹介頂きました。

紹介された求人は興味の有無を返答するシステムになっており、コメント欄もありますので自身の要望は詳細に伝達することができるシステムになっています。

マッチングするような求人はあまり出てきませんでしたが、定期的に求人情報を紹介して頂きましたし、サイトの方も頻繁に情報がアップデートされていきましたので日常的にチェックをしていました。

あらゆる業界の求人情報を網羅的に取り扱っているサイトですので、ニッチな業界への転職を望む方には向かないと思います。異業種にチャレンジされたい方、メジャーな業界への転職を望む方などの意向に合致するサイトだと思います。

転職サイトは複数登録することが基本ですので、リクナビNEXTは一先ずは登録しておいた方が良いと思います。

「応募しませんか?」やオファーメールは機械的に送られてくるので、あまり参考にはならない。企業情報は、企業によって中途半端な情報量でわかりづらく、参考にならないところも多かった。取材記事は面白く、参考になった。

『引用:「BEST WORK|リクナビNEXTの評判・口コミの一覧ページ」』

守蔵

守蔵

スカウト機能の精度への意見が多いですね

きょうこ先輩

きょうこ

うん。確かにスカウト機能は全く参考にならないときもある(笑)

きょうこ先輩

きょうこ

ただし、思いもよらなかった仕事に出会える可能性もあるから、何個かに1個参考になればいいと思える人はスカウト機能をオンにしておいたらいいだろう

リクナビNEXTの評判・口コミまとめ

リクナビNEXTの評判・口コミのまとめ

  • 基本サイトとしてひとまず登録している
  • 求人が豊富で検索がしやすく、使いやすい
  • 自分のペースで転職活動の進め方を学べる
  • ニッチな求人を探すのはエージェントなどの他サービスのほうが向いている場合がある
  • スカウト機能は当たりはずれがある

リクナビNEXTの一番効果的な使い方とは!?

リクナビNEXTの注意すべきポイント

守蔵

守蔵

 

リクナビNEXTの特徴や口コミからわかったことをまとめるとこうなりますね!

リクナビNEXTの注意すべきポイント3つ

  • リクナビNEXTは自分で求人を検索する『転職サイト』。個別の状況に応じたアドバイスはありません。
    人に相談して履歴書などを見てほしい場合は『エージェント』サービスなど他の方法で補完しましょう。
  • 『スカウト機能』ではあまり自分の経歴や志望にピッタリあったオファーが来ることは多くありません。
    また、自分の経歴を勤務中の会社の人事に発見されて、もしかすると「うちの会社のこの人ではないか」と推測されてしまう可能性があります。
    念のために勤務先や取引先などの関連先の企業からは発見できないように設定しましょう。
  • 掲載求人は幅広いことが特徴です。ニッチな求人を探したい人はリクナビNEXTだけでは十分な求人が見つからない場合があります。エージェントサービスや他の転職サービスとの併用を検討しましょう。

リクナビNEXTの使い方まとめ

きょうこ先輩

きょうこ

さて、結論を再掲してまとめるぞ

この3点に注意が必要
  • リクナビNEXTは大手が運営する転職サイトで基本的に登録すべきだが、転職活動の軸によっては他のサービスだけでよい人も。
  • リクナビNEXTは求人や掲載職種が豊富で検索がしやすいが、ニッチな求人を求める人は他のサービスも併用
  • リクナビNEXTは転職活動ノウハウが充実しており、初めて転職する人も転職活動を進めやすいが、人に相談しながら進めたい人はエージェントサービスも併用

リクナビNEXTと転職サービスを使い倒す7days

守蔵

守蔵

ということで、ここまで聞いた話を元に使ってみます!

1日目 自分の転職の軸を考える|マイナビ転職

守蔵

守蔵

自分の成長できる環境がいいから、職場が後輩に積極的に教えてくれるようなところへ転職したい!と設定してみました。

マイナビ転職」の切り口を参考に♪

2日目 転職の流れを知る|リクナビNEXT

守蔵

守蔵

リクナビNEXTには転職成功ノウハウが充実しているのでそれをざっと読んで流れを知る。

3日目 ひな型を使って履歴書や職務経歴書を作成|リクナビNEXT

守蔵

守蔵

無料のひな型がリクナビNEXTには完備!それを参考に書いてみる。

悩んだら転職成功ノウハウのページを参考に。

4日目 履歴書や職務経歴書をブラッシュアップ|リクナビエージェント

守蔵

守蔵

リクルートエージェントに登録!まずは履歴書や職務経歴書についてアドバイスをもらってみます。

後日、求人も相談してみよ~っと

5日目 スカウト機能を使ってみる|リクナビNEXT

守蔵

守蔵

自分の仕事の視野を広げるために、スカウト機能も設定。

念のために自分の会社の人は見れないように設定しておこう…。

6日目 求人を検索して気に入った求人をお気に入りしてみる|リクナビNEXT

守蔵

守蔵

リクナビNEXT『リクナビNEXTの取材から』を参考にして職場の雰囲気をチェック。

どんどこお気に入りに入れていく。

7日目 業界特化型サイトにも登録してみる|エンジニア専門サイト

守蔵

守蔵

自分の業界やニーズにあわせて、他の業界特化型転職サイトへも登録。

エージェントサービスにも希望を伝えて探してもらっておこう。

この記事を書いたライター

かねもり

自分の生活を変えてくれる便利なサービスが好き。

いつかは日本全国津々浦々、ワーケーションして暮らしたい!

名前の由来は『平兼盛』。

茶道歴10年以上。

この記事に関連するラベル

ページトップへ