あなたは大丈夫!?ふるさと納税の偽サイトに騙されないために

記事更新日: 2018/12/14

ライター: きゃんゆー

ここのところ出てきているふるさと納税の偽サイト。

偽ページから寄付をしてしまって返礼品が送られてこないという事態が多く出てきているようです。

実際にサイトを発見したのでじっくり見てみましたが、本物のサイトの画像を使ったりして本物とそっくりに作られていますので、見慣れていない方は騙されてしまうかもしれません。

でも、よく見るとおかしな点がいっぱいあるんです。

実際のサイトを見てみてわかったおかしな点をわかりやすく解説しておりますので、これを読んで騙されずに快適なふるさと納税ライフを送りましょう。

 

ふるさと納税の偽サイトとは?

先日、ニュースでもやっていましたが、ふるさと納税のサイトが気になって検索していたところ、実際の偽サイト見つけてしまいました!

被害にあった方もいるので本当にあるのでしょうが、実際に自分の目で見ることができたのは驚きでした。

じっくり見てみましたが、なかなか良くできています。

でも、ふるさと納税のサイトを見慣れている人にとってはおかしな点がたくさんあります。

ここでは騙されないために偽サイトを見分けるポイントを画像付きで解説していきたいと思います。

 

ポイント1:値引き?

値引き分の税金を業者が代わりに払ってくれるのでしょうか?

その場合は業者が納税者になりますので私たちの税金を寄付したことになりません。

ふるさと納税の仕組みがわかっていればおかしなことに気づけますね。

もし、詳しいふるさと納税の仕組みを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

ポイント2:税込み?

そもそも寄付なので税金は発生しません。

仕組み上、納める税金の支払先を変えるだけなので「消費」税がかかることはありません。

 

ポイント3:金額が中途半端

ふるさと納税は基本的に1000円単位なので100円や10円単位で出てくるのはおかしいです。

そんな細かい金額で税金計算するのは手続きが煩雑になるだけでしょう。自治体がやるとは思えません。

500円くらいなら考えられますが、だいたいが以下のようにキリの良い金額になっています。

 

ポイント4:日本語が怪しい

『品質は100%満足保証!』???

『激安登場』?

あまり見慣れない日本語ですね。違和感があります。

 

他にも見つけたおかしな点

お問い合わせ先が・・・

お問い合わせしようにも書いてないじゃないですか、困りますね。

 

試しに適当な情報を送信してみると・・・

『注文が提出され、お待ちください。』

脱字がありますね。

しかも『注文が提出され?』あまり使わない表現です。

 

領収書って出るんだっけ?

そもそも業者の領収書は出ません。

「無記名」「日付なし」まではちゃんと書いてなかなかやるなぁ、と思いましたが、残念!!!

基本的なところが抜けていました。

 

天皇杯って・・・

天皇杯って確かサッカーでは?

食べ物でそんな賞あったっけ?素朴な疑問です。。。

 

ちゃんと動いているのか試しに入力してみました

調子に乗ってカートにこの商品を入れて注文してみました。

カートはちゃんと動いていますね。

情報入力も必須かどうかのチェックやメールアドレスがちゃんとした形式か、という点はチェックが入っていました。

ちゃんとしています。

しかし、銀行振り込みしか選択できず、カードは使えませんでした。

カード利用OKで支払い条件も書いてあるのに使えないなんてとても残念です。

カード支払いにしてしまうと追跡されたり、証拠が残ったりするので偽サイトの場合は支払い方法は銀行振り込みのみです。

さすがに本当の情報を入れて試すのは怖かったのでここまでにしました。

 

信頼できるサイトは?

これまでの怪しい点について自分で確認するのもいいですが、面倒な人は信頼のあるサイトを使う方が手軽で良いと思います。

せっかくなので、ここではふるさと納税で有名であったり、運営元が大手企業で信頼できるサイトをご紹介します。

利用率No.1!ふるさとチョイス

ふるさと納税利用率No.1というだけあって自治体数、返礼品掲載数は圧倒的です。

ネットでの申し込みが苦手でもカタログ、電話、FAXなどで申込可能です。

運営元は株式会社トラストバンクで東証一部上場企業の株式会社チェンジの子会社になります。

ふるさとチョイスの詳細はこちら

 

ネットショッピングではおなじみ!楽天のふるさと納税

おなじみネットショッピング大手楽天のふるさと納税です。

楽天市場などで色々と買い物をする方はふるさと納税もこちらにまとめればポイントなどお得がいっぱいです。

運営元はもちろん東証一部上場企業の楽天株式会社です。

 

あのソフトバンクグループが運営!さとふる

返礼品が探しやすさ、申し込みやすさにこだわっています。

決済にソフトバンクまとめて支払いがあり、便利です。

運営元は株式会社さとふる。ソフトバンクグループのSBプレイヤーズ株式会社の100%子会社です。

 

中条あやみさんのCMが印象的なふるなび

ふるなびグルメポイントサイトも運営しているので返礼品のレビューをすることで「Amazonギフト券 コード」をプレゼントしています。

運営元は株式会社アイモバイルで東証一部上場企業です。

ふるなびの詳細はこちら

 

KDDIグループが運営!Wowma!

KDDIの子会社になりますので、auを使っている人には非常に親和性が高いです。

WALLETポイントやWow!スーパーポイントが使えます。

運営元はKDDIコマースフォワード株式会社。KDDI100%出資の会社になります。

 

まとめ

これまでお話しした点に気を付ければ偽サイトに騙されることはそうそうありません。

しかし、偽サイトは摘発されてもイタチごっこで、すぐにまた新しいサイトができてくるそうです。

ふるさと納税をする場合は、自分で確認することもそうですが、面倒であれば信頼のあるサイトを利用するのが良いでしょう。

信頼できるサイトはこちらです。

・ふるさとチョイス

・楽天ふるさと納税

・ふるなび

・さとふる

・Wowma!

信頼あるサイトを使って有意義なふるさと納税ライフをおくってくださいね!

 

この記事を書いたライター

きゃんゆー

仕事は、IT企業の経営企画部でM&Aや会社の分析。

数字に基づいた情報分析は大好物です!

サラリーマンをしながら投資を行っており、

投資歴は10年(投資信託、FX、株など)

収入源を複数持ち、自分の仕事を趣味として楽しむ『趣味リーマン』を目指してます。

この記事に関連するラベル

ページトップへ