バイクの保管に適したトランクルームとは?選び方のポイント・費用も

記事更新日: 2021/01/21

ライター: TJ

バイクを趣味としている方は、このような悩みを持っているのではないでしょうか?

  • 住んでいるマンションに車庫や駐車場がない
  • 駐輪場は盗難やイタズラが心配
  • 家族の反対を押し切って購入したため、家に置けない
  • 人目を気にせずバイクをいじりたい

TJ

そんな時はトランクルームでの保管がオススメです。

この記事を書いた人
投資マニア  TJ  30代
投資マニア兼FP(ファイナンシャルプランナー)兼格安SIMアドバイザー。
普段はお金に関する相談を有料で受けている。(本サイトは無料です)
相談者に片付けられない悩みを持つ人が多いことに気付き、トランクルームを提案しようと思うもド素人。
そこで25社以上のトランクルーム運営会社や周辺情報を必死に調査した。

 

トランクルームの料金は高くないのかな?

広さはどうしたら良いんだろう?

いざトランクルームを借りようとすると、疑問がたくさん出てくると思います。

そこで、この記事では皆さんが疑問に思うことを解決していきます。

TJ

しっかりとしたトランクルームを選ばないと、無駄なお金が発生してしまいます。

そのお金をバイクに回せたのに…とならないように、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • トランクルームでバイクを保管するメリット
  • バイクの保管に適したトランクルームは?
  • トランクルームのサイズはどれくらいが良い?
  • 費用はどれくらい必要?

トランクルームでバイクを保管するメリット

トランクルームでバイクを保管するメリットには、このようなものが挙げられます。

  • 自宅に駐車スペースがなくても、
  • 工具やメンテナンス道具も同じ場所で保管できる
  • 人目を気にせずメンテナンスが行える
  • 雨風によるサビ・劣化を抑えられる
  • 盗難やイタズラの被害に遭いにくい
  • 万が一盗難に遭ってもプランによっては補償の範囲内
  • バイク仲間ができる可能性も!

TJ

このように並べてみると、バイクをトランクルームで保管するメリットはかなり多いです。

あとは料金が気になるところですね。

バイクをトランクルームで保管するデメリットには、このようなものがあります。

  • 家賃とは別に賃料がかかる
  • 管理する鍵が増える
  • 自宅の近くにトランクルームがない可能性がある
  • 車でトランクルームに行くと、基本的にコインパーキングを利用する必要がある
  • 良いトランクルームの選び方を知らないと無駄な出費になる

TJ

やはり、お金関係が目立ちますね!

これらのデメリットとメリットを比べて、メリットの方が大きそうなら迷わずトランクルームの契約を進めましょう。

バイクの保管に適したトランクルームは?

単に「トランクルーム」と言っても様々で、ビルの中にあるものや屋外にあるものもあります。

では、どのようなトランクルームがのバイク利用に適しているかと言うと、

  • 防犯カメラや鍵等のセキュリティがしっかりしている屋外型
  • レイアウトが自由に変えられ間口が広く、2畳(帖)以上の広さがある

の条件が揃っているものがオススメです。

TJ

バイク専用のトランクルームもあるので、自宅の近くにあるようでしたら探してみましょう。

引用:加瀬倉庫HP

■バイク専用トランクルームを選ぶメリット・デメリット

  • バイクに理解がある人しか利用しない
  • 備品を置く棚が設置されている
  • 扉に多重ロックが付いていることが多い
  • スロープが無料で借りられる
  • 一般のトランクルームより数が少ない

特に、バイクが好きな人しか利用しないので、一緒にツーリングに行く友達を見つけられる可能性がある点は大きなメリットです。

コラム:スロープについて

トランクルームは浸水防止対策として、鉄のコンテナが直接地面に着かないようにできています。

すると、トランクルームの入り口と地面に20〜30cm程の段差ができることになります。

小さな荷物であれば持ち上げて中に入れば良いですが、バイクはそうもいきません。

そこでスロープが活躍します。

無料貸し出しや標準で装備している場所もあるので、バイク用にトランクルームを借りるのであれば要チェックです。

ただし、共有のスロープは有料であったり、使いにくいケースもあるので、自分で用意しても問題ありません。

 

一方で、物の保管の観点からはビルの中にある屋内型のトランクルームの方が優れています。

この理由は、屋内型は24時間空調による温度・湿度コントロールがされているためです。

TJ

ただし、基本的にバイクは屋内型トランクルームに保管できません。

屋外のコンテナタイプは、以下のような欠点が挙げられます。

  • 換気口が小さい
  • 雨が侵入しやすい
  • 結露が発生しやすい

これらは全て水に関係するもので、大切な物にサビやカビを生じさせる原因となります。

特に結露は厄介で、昼と夜の寒暖差が原因で発生し、1年中起こる可能性があります。

TJ

コンテナは鉄でできており、昼間に直射日光で気温が上がりやすい一方で、夜になると冷えやすいです。

対策が難しいので、コンテナタイプを使うのなら避けられないデメリットです。

その他にも

  • 大雨が降ったら浸水
  • 換気口が小さく空気が循環しないため、定期的な換気が必要

といった具合に、定期的に様子を見に行って、メンテナンスをする必要があります。

TJ

ですが、やはりバイクは定期的に触りたいと思うので、さほどデメリットに感じないのではないでしょうか?

トランクルームのサイズはどれくらいが良い?

バイクをトランクルームに保管するには、2畳以上は欲しいところです。

あまりに狭いと、間口が狭く出し入れが大変になったり、備品も置けない可能性があります。

トランクルームは契約時に初期費用として1〜2ヶ月分の賃料+鍵代の支払いが必要なケースが多くあります。

TJ

初期費用を払ったのに自分のバイクが入らない…を避けるためにも、契約前の下見をオススメします。

また、8畳程の広いトランクルームを借りれば2台の保管も可能ですし、備品を置くスペースもたっぷり確保できます。

もちろん夫婦や友人同士でシェアしての利用も可能です。

1部屋ずつ個別に契約するよりも、お得に契約できることが多いです。

費用はどれくらいかかる?

では次に、トランクルームを借りるとどれくらいの費用がかかるのか、見てみましょう。

TJ

バイク利用を想定し、2畳ほどの物件を借りた場合の料金を計算してみました。

なお、バイク用のトランクルームが気になる方も多いと思うので、通常のトランクルームと比較してみました。

※大田区エリアにある物件で比較

調べた物件は都内にあり、駅から徒歩8分の好条件なので料金は高めです。

不便な場所にあったり、少し地方になると料金がガクッと下がり、最安で月額7,000円から借りられます。

まとめ

TJ

今回はトランクルームでのバイクの保管についてお話ししました。

バイクをトランクルームで保管するメリットは、以下のことが挙げられます。

  • 自宅に駐車スペースがなくても、
  • 工具やメンテナンス道具も同じ場所で保管できる
  • 人目を気にせずメンテナンスが行える
  • 雨風によるサビ・劣化を抑えられる
  • 盗難やイタズラの被害に遭いにくい
  • 万が一盗難に遭ってもプランによっては補償の範囲内
  • バイク仲間ができる可能性も!

また、選ぶべきトランクルームにはこのような特徴があります。

  • 防犯カメラや鍵等のセキュリティがしっかりしている屋外型
  • レイアウトが自由に変えられ間口が広く、2畳(帖)以上の広さがある

この記事を書いたライター

TJ

生粋の投資マニア。

幼少期の経験が原因でお金大好き。

収入のほとんどを投資している。

貯金0から5年で純資産◯千万円(ヒミツ)を達成し、ほぼ全てを投資中。

FP、格安SIMアドバイザーの仕事もしている。

この記事に関連するラベル

ページトップへ