UQ WiMAXはアリ?利用者の決め手は?評判や口コミ、お得な契約方法

記事更新日: 2019/10/30

ライター: きゃんゆー

きゃんゆー

皆さんこんにちは!最近スマホのギガ数節約にハマっているきゃんゆーです。

この記事にたどり着いたあなたは

・スマホで動画見過ぎ

・スマホでゲームのやり過ぎ

・スマホで漫画の読み過ぎ

で月末にスマホのギガ数が足りなくなってモバイルWi-Fiを使ってみようと考え始め、

 

CMで有名な『UQ WiMAX』は無制限だし便利そうだから使ってみようかな。

とか

 

ギガが足りない!早くWi-Fi契約せねば!

とか思っている人ではないでしょうか。

でも、ちょっと待って!!!

UQ WiMAXは

・得になる人/得にならない人

・得になる契約/得にならない契約

・得になるタイミング/得にならないタイミング

があります。

きゃんゆー

なので、UQ WiMAXを使おうと思った場合は、慌てて契約するのではなくじっくり検討してタイミングをみて契約しましょう。

その理由お得な契約についてこれから説明していきます。

この記事でわかること

・UQ WiMAXの口コミの真実

・UQ WiMAXで気を付けるべき落とし穴

・UQ WiMAXを契約すべき人、そうじゃない人

・UQ WiMAXのオススメ機種

・UQ WiMAXでかかる全費用

・お得に契約する方法

 

UQ WiMAXの特徴

 

UQ WiMAXってどんなサービスなの?光回線と違うの?

きゃんゆー

UQ WiMAXってどんなサービスなの?というところを理解するために

まずは光回線とUQ WiMAXの違いについて説明します。

UQ WiMAXは無線の通信回線サービスです。光回線に代表される有線の通信回線サービスと比べて以下のような違いがあります。

  UQ WiMAX 光回線
料金 安い 高い
通信速度 まあまあ速い 速い
安定性 障害物などに影響されやすい 他の環境に影響されにくい
データ通信容量 無制限(LTEは7GB) 無制限
プロバイダ契約 不要 必要
利用開始までの時間 申込から即日~3日 申込から約3週間
使える場所 屋内+屋外 屋内

インターネットが家で使えれば良いという人であればはっきり言ってUQ WiMAXに代表される無線のWi-Fiサービスは必要ありません。

それぞれの項目について次から説明していきます。

 

料金

まずは料金を比較してみます。

  UQ WiMAX 光回線(FLET'S光 マンションタイプ)
初期費用 3,000円 15,800円
月額利用料 3,880円 3,750円
プロバイダ月額利用料(OCN利用) 0円 900円
2年間つかったとすると・・・ 96,120円 127,400円

 

きゃんゆー

光回線は初期に工事費用が掛かり、プロバイダも契約しないといけないので高くつきます。

 

通信速度

次に速度の比較をしてみます。

  UQ WiMAX 光回線
下り 440Mbps~1.2Gbps 200Mbps~10Gbps
上り 75Mbps~112.5Mbps 100Mbps~10Gbps

光回線が圧倒的に速いですね。

ただし、この速度は「理論上」の最高速度ということ。実際に使ってみるとそこまでの速度は出ませんので、目安程度に見ておきましょう。

ちなみにですが、実際に作業するのに必要と思われる速度の目安はこんな感じです。

メールやLINE 128kbps~1Mbps
Webサイト閲覧 1Mbps~10Mbps
動画閲覧 700kbps(SD360p)~20Mbps(4K)
オンラインゲーム 5Mbps(スマホ)~25Mbps(PC)

きゃんゆー

オンラインゲームでも25Mbps程度あれば快適に動くので、実は1Gbpsとかそこまでの速度は要りません。

 

安定性

データ通信の回線は外部の影響を受けやすい性質を持っているため、基本的には有線が一番安定しています。無線であるWiMAX回線はやはり有線の光回線と比べると安定性は落ちます。

ただ、安定していないからといって使えないというわけではなく、日常生活で使う分には申し分ない品質になっています。

きゃんゆー

FXの取引をやっているなど、コンマ秒単位が大事な場合以外は安定性はそこまでいりません。

 

データ通信容量

データ通信の容量は基本的には光回線もUQ WiMAXも無制限です。

ただし、UQ WiMAXの方は、LTE通信は1ヶ月に7GBしか使えません。

 

LTEって何?

7GBまでしか使えなくて大丈夫なの?

きゃんゆー

LTEは通信方式の一つです。

LTEは携帯電話向けの通信で障害物に強く、室内でも繋がりやすいというのが大きな特徴です。

WiMAX通信は障害物に弱く、室内や地下では繋がりにくい特徴があるので、そういった場合にはこのLTEを使えば繋がる可能性が高いです。

ただ、基本的にはWiMAX回線だけで用が足りることが多いので、そんなに使わないと思いますよ。

画像引用元:au公式ホームページ

 

利用開始までの時間

光回線を使う場合は専用の回線工事が必要になります。利用開始まで2~3週間はかかります。

光回線の場合

対してUQ WiMAXの場合は申し込み後2~3日で機器が届いたら、UIMカードを差し込み、接続する端末の設定をするだけでそのまま使うことができます。

UQ WiMAXの場合

 

きゃんゆー

カードの差し込み、設定も初心者でもOK!

WiMAXはすぐに使えて手間がかかりません。

 

使える場所

インターネットが使える場所は、光回線は基本的に屋内(自宅)のみ、UQ WiMAXは屋内と屋外どちらも可能です。(モバイルルーターを利用する場合)

光回線は屋内(自宅)で有線のLANケーブルでの接続と無線での接続両方で利用可能です。UQ WiMAXも無線とUSBケーブル等の有線接続は可能です。

 

他の無線Wi-FiサービスとUQ WiMAXの違いは?

 

他の無線Wi-Fiサービスとの違いは?

他の無線Wi-FiサービスとUQ WiMAXの違いを比較表にしてみました。違いを見ていきましょう。

他の無線Wi-Fiサービスとの比較

  UQ WiMAX Y!mobile NEXTmobile
通信速度(下り) 440Mbps~1.2Gbps 612Mbps~988Mbps 42Mbps~150Mbps
データ通信容量 無制限 7GB/無制限 20GB/30GB/50GB
速度制限の有無 あり あり なし
契約縛り 2年、3年 なし 2年
解約手数料 あり なし あり

 

きゃんゆー

こうして比較してみるとWiMAXは通信速度が速いですね。

また、無制限プランしかないのも特徴の一つですね。

 

UQ WiMAXの口コミ

きゃんゆー

UQ WiMAXの口コミを拾ってみました。

UQ WiMAXの悪い口コミ

通信速度が遅い

 

きゃんゆー

速度については口コミが多く、「遅い」という口コミと「速い」という口コミがあります。

オンラインゲーム、動画配信をする場合の速度に対する期待値は高いので、これを満たせない場合が多いようです。

一方で高画質じゃなきゃ配信にも十分耐えられる、という人もいました。

 

建物内・地下で使えない

 

契約年数縛りに納得いかない

 

エリアが狭い

 

スピードテストは速いのに・・・

 

速度は様々な要因によって大きく変動します。

これは以前WiMAXのモバイルルーターでスピードテストをした時の写真です。

このように3台同時に同じルーターにつないでテストしたんですが、同じ場所・瞬間でテストしたにも関わらず、速度に大きな差が出ました。(この写真では左から下り59.1Mbps、24.9Mbps、51.56Mbpsでした。)

同じi-Phoneでテストしてみても、それぞれ速度が違ったりします。

参考程度にしておきましょう。

 

UQ WiMAXの良い口コミ

続いてUQ WiMAXの良い口コミです。

15日間無料お試しあり

 

きゃんゆー

UQ WiMAXでは試しに使ってみることができる「Try WiMAX」という制度があり、15日間試しに使ってみることができます。公式ホームページから申込できますよ。

 

速度が速い

 

きゃんゆー

速度についてはいつどこで使うかにもよりますが、人によって評価はまちまちです。

 

工事なしだし、キャッシュバックも♪

 

きゃんゆー

工事がいらないというのは大事。

 

UQ WiMAXの意外な落とし穴

3日間で10GBで速度制限がかかる。

 

きゃんゆー

これは、意外な落とし穴ですね。

オンラインゲームのユーザの場合は、3日で10GBなんてすぐに使ってしまいます。

いくら無制限でも速度が遅いと使い物になりません。

 

もし、速度制限がないモバイルWiFiを探している場合は、『限界突破WiFi』がおすすめです。

限界突破Wi-Fiとは?

完全無制限モバイルWi-Fi同士の比較

 

UQ WiMAXの料金プランってどんな感じ?

 

UQ WiMAXはどれくらいお金がかかるの?お高いのでは?

きゃんゆー

UQ WiMAXのプランはこの2つだけ。

以前は色々とプランがあったのですが、わかりづらいという声もあり、2019年10月からシンプルプランになりました。

  ギガ放題 ウルトラギガMAX
月額料金 3,880円 5,560円
データ容量

無制限

※3日で10GBを超えると速度制限あり

無制限

※3日で10GBを超えると速度制限あり

契約縛り 2年、3年 2年、3年
その他 データ通信 データ通信+スマホ

 

きゃんゆー

この2つの違いはデータ容量無制限で、スマホプランを付けるか付けないか、というところです。

シンプルですね。

 

UQ WiMAXはモバイルWi-Fi他社と比べて安いのか?

 

UQ WiMAXは他のモバイルWi-Fiと比べて安いの?

きゃんゆー

気になりますよね。そこで大容量プラン、ライトプランで他社と比較してみました。

大容量プラン比較表

  UQ WiMAX Y!mobile NEXTmobile
データ容量

無制限

(速度制限あり)

無制限

(速度制限あり)

50GB

(速度制限なし)

初期費用(事務手数料) 3,000円 3,000円

3,000円

月額利用料 3,880円 4,380円

1年目は3,490円

2年目から4,880円

2年使うと・・・ 96,120円 108,120円 100,440円

 

ライトプラン比較表

  UQ WiMAX Y!mobile NEXTmobile
データ容量

無制限

(速度制限あり)

7GB/月

(速度制限あり)

20GB/月

(速度制限なし)

初期費用(事務手数料) 3,000円 3,000円 3,000円
月額利用料 3,880円 3,696円 2,760円
2年使うと・・・ 96,120円 91,704円 69,240円

 

きゃんゆー

料金については結局のところ、自分がどれだけのデータ容量を使うのか、という点にかかってきます。

これで見ると月20GB程度までであればライトプランがあるNEXTmobileを使った方が良いです。

 

UQ WiMAXのおすすめの端末機種

きゃんゆー

端末について比較してみました。

※現在は一番右にある「Speed WiFi NEXT W05」は販売していません。

この中でおすすめの機種は一番左側の「Speed WiFi NEXT W06」です。

UQ WiMAXでの最新機種であることもありますが、USBケーブルで接続すると通信速度(理論値)が下り約1.2Gbpsになります。

また、接続可能台数も他の機種に比べて多く、16台までいけます。

UQ WiMAXは端末が古かろうか新しかろうが代金は変わりません。ならば、最新機種を選ぶのは当たりまえのことですよね。

 

結局のところ総費用は?

 

で、結局いくらになるの?

トータルでかかる費用を計算してみました。

今使えるのはHuaweiの「Speed WiFi NEXT W06」とNECプラットフォームズの「Speed WiFi NEXT WX05」のみです。

きゃんゆー

結果としてはどちらも総費用は変わりません。

 

UQ WiMAXの申し込みの流れ

 

プランと端末を選んだら申込はどこですれば良いの?

きゃんゆー

申し込み場所は以下の3種類があります。

  • UQスポット(UQ専売ショップ)
  • 量販店(WiMAX提供会社)
  • 公式オンラインショップ

おすすめはわざわざ申込に行かなくても良い公式オンラインショップです。

申込の流れは以下の通りです。

STEP1.商品を選ぶ

・欲しい端末の申し込みボタンをクリックします。

・カラー、アクセサリーの要否、個人/法人、契約プラン、端末補償サービスの要否を選択し、「ご購入手続きへ」をクリックします。

・申込の内容を確認し、書面の確認(契約書面、約款・利用規約、重要事項説明)を読んで、「同意する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

・必要情報を入力します。

入力する項目は以下の通りです。

入力項目

・契約者名

・性別

・生年月日

・住所

・電話番号

・メールアドレス

 

STEP.2申し込み手続き

・支払い方法を選択し、必要情報(クレジットカード情報等)を入力し、「申し込みをする」ボタンをクリックます。

契約に必要なもの

クレジットカード払いの場合→携帯電話(番号)

口座振替の場合→本人確認書類(運転免許証 or パスポート or 住民基本台帳 or 健康保険証+補助書類)

※クレジットカード払いの場合、本人確認のため携帯電話に開通コードが送られてくるので、手元に携帯電話を準備しておきましょう。

 

・申し込み完了後、加入審査が終わったら完了メールが送られてきます。

 

STEP3.利用開始

・申し込み後、2、3日で商品が送られてきます

・商品到着後、Wi-Fiルーター本体にUIMカードを差し込んで利用開始です。

以上でインターネットに繋げることができます。

 

お得に契約するには?

WiMAXについて調べていると、○○WiMAXってやつがたくさんありませんか?

 

全部同じじゃないの?

結局どれがいいのかよくわからない。

そう、WiMAXは回線のブランドでUQは大本の回線を提供している業者の名前。UQは色々なところに回線サービスを提供しています。

○○WiMAXはWiMAX回線サービスを仕入れて代理店が販売するサービスになります。

つまり、使っている回線は一緒!

ただ、代理店各社は販売拡大のために様々なキャンペーンなどを行っているので、キャッシュバックなどのキャンペーンや費用は各社独自で決めています。

実は、UQ WiMAXは代理店(プロバイダ)経由で契約した方が安いこともあるんです!

こちらは、2019年10月時点での代理店(プロバイダ)ごとの料金比較です。

プロバイダの提供料金比較表(無制限プラン)

  事務手数料 初期費用 月額利用料 キャッシュバック 2年間使ったら・・・
UQWiMAX 3,000円 0円 3,880円 0円 96,120円
BroadWiMAX 3,000円 18,857円

2,726円(1~2か月)

3,411円(3~24か月)

0円 102,351円
GMOとくとくBB 3,000円 0円

3,609円(1~2か月)

4,263円(3~24か月)

31,500円 72,504円
BIGLOBEWiMAX 3,000円 0円

0円(1か月)

4,780円(2~24か月)

10,000円 102,940円
hi-hoWiMAX 3,000円 0円

3,780円(1~12か月)

4,000円(13~24か月)

6,000円 90,360円
カシモWiMAX 3,000円 0円

1,380円(1か月)

3,580円(2~24か月)

0円 86,720円
DTI WiMAX 2+ 3,000円 0円

0円(1~2か月)

2,590円(3か月)

3,760円(4か月~24か月)

6,000円 78,550円
So-net モバイル WiMAX 2+ 3,000円 0円

3,380円(1~12か月)

4,379円(13~24か月)

0円 96,108円

 

こんなに費用に差があるんだね。

きゃんゆー

そうですね。

たくさんある代理店(プロバイダ)の中でもキャッシュバックを考慮した費用で見ると、『GMOとくとくBB』で契約するとお得です

キャッシュバックの条件

 

キャッシュバックってどうせややこしい条件があるんじゃないの?

キャッシュバックは条件が色々とあってややこしいので以下にまとめてみました。

  キャッシュバックの条件

キャッシュバックなしの

実質月額費用

UQWiMAX キャッシュバックなし 3,880円
BroadWiMAX キャッシュバックなし 3,353円
GMOとくとくBB

☑支払はクレジットカード

☑商品発送月を含む11か月目に送られてくるキャッシュバックの振込口座確認メールに返信する。

4,208円
BIGLOBEWiMAX

☑申し込み完了後、BIGLOBEマイページ内のアンケートに答える。

☑契約から12か月目に送られてくるキャッシュバック受取り案内メールの案内に沿って1か月以内に手続きをする。

4,580円
hi-hoWiMAX ☑契約月を含む4か月目に送られてくる口座確認メールの案内に沿って2週間以内に手続きをする。 3,890円
カシモWiMAX キャッシュバックなし 3,488円
DTI WiMAX 2+

☑キャンペーン画面からNTTグループカードに新規入会

☑利用料をNTTグループカードで支払う。

3,397円
So-net モバイル WiMAX 2+ キャッシュバックなし 3,879円

きゃんゆー

基本的にすっかり忘れたころにメールが来て期限以内に手続きが必要だったり、ちょっと面倒な手続きがあります。

手続きを忘れてしまってキャッシュバックを受け取れないくらいなら、キャッシュバックなしで月額料金が安い『BroadWiMAX』で契約するというのも一つの選択肢でしょう。

 

さいごに~

UQ WiMAXは慌ててすぐに契約しないようにしましょう。

タイミングによってプロバイダ経由の方が安いこと多いので、まずは、「Try WiMAX」で15日間無料で試してから、実際に契約する際にはキャッシュバックや実質月額利用料が一番お得な会社を選択することをお勧めします。

 

 

この記事を書いたライター

きゃんゆー

仕事は、IT企業の経営企画部でM&Aや数字の分析。

サラリーマンをしながら投資を行っており、

投資歴は10年(投資信託、FX、株など)

収入源を複数持ち、自分の仕事を趣味として楽しむ『趣味リーマン』を目指してます。

この記事に関連するラベル

ページトップへ