全国住み放題のADDressとは?評判、メリット、デメリットを解説

記事更新日: 2021/04/04

ライター: きゃんゆー

きゃんゆー

皆さんこんにちは、サムログ編集長きゃんゆーです。

ここ最近住まいのサービスが山のように出てきています。

その中でも今回は新しいコンセプトの住まいサービス「ADDress」についてサービスの特徴、メリット・デメリット、料金など詳しく解説していきます。

ADDressの良い点

良い点①:定額で色々なところに宿泊できる

良い点②:個室付きのところが多い

良い点③:家族や同伴者は追加料金不要

ADDressの悪い点

悪い点①:連絡なしに使えなくなることがある

悪い点②:施設によってサービスレベルがバラバラ(良くも悪くも)

悪い点③:交通の便が良くない場所の施設がある

デメリット④:

デメリット⑤:

デメリット⑥:

 

ADDressとは?

ADDressは全国各地にある130か所以上の家に定額で住むことができる住居サービスです。

空き家や別荘をリノベーションしたり、宿泊施設の個室なんかも提供しています。

中には海の目の前の家、温泉付きの家もあって選ぶのも楽しいですよ。

また、航空会社ANAとの提携で移動も格安にする実証実験を行っています。(2021年1月から)

 

ADDressのデメリット

きゃんゆー

『ADDress』のデメリットはこちらです。

急に使えなくなる

新拠点の連絡はこまめに送られてきますが、使えなくなる拠点についてはアナウンスなく一覧から消えます。

実際には予約していた施設が使えなくなり、キャンセルになった、という話も出ています。

新型コロナウイルスの影響もあるとは思いますが、使っている側からしたらいきなり使えなくなるのは困りますね。

 

施設によってサービスレベルはまちまち

管理人である家守によって管理状態はまちまちです。

「ゴミが捨てられていなくて虫が湧いていた」「備品が足りなかった」「ルールがわからない」などという声はいくつも上がっています。

家守もピンキリ、その人がどんな人かによっても快適度は変わってくるようです。

 

立地が不便なところもある

『ADDress』は空き家をリノベーションしており、立地場所が不便なところもちらほらあります。

九州地方の拠点では公共交通機関があまり通っていないところや通っていても本数が少なかったり、移動には不便なところもあります。

使う場合は、どんな場所なのかしっかり確認してからの方が良いでしょう。

 

きゃんゆー

まだまだ発展途中のサービスなのか、色々なアラは出てきていますね。

改善してほしいものです。

 

ADDressのメリット

きゃんゆー

『ADDress』のメリットです。

費用が安い

『ADDress』を契約時には敷金・礼金・保証金は不要。

そういったお金を払う必要はないので、初期コストはかかりません。

月額料金も非常に安くなっています。

 

個室に泊まれる

サービスによっては共同のドミトリーのみというものもありますが、『ADDress』は一軒家、ホテルなどもあり、個室付きの施設に泊まることができます。

 

家族、同伴者1名は無料

2親等以内の人、登録した同伴者は無料で利用できます。

家族みんなで住んじゃうことも可能です。

 

生活必需品は揃っている

生活に必要なものは揃っています。

寝具や家具、家電にアメニティは一通り揃っていて、アメニティは自然派のシャンプーやせっけんなどが用意されています。

 

きゃんゆー

契約すれば新生活のスタートはすぐにできそうですね。

 

利用者の口コミ

きゃんゆー

利用者の口コミを調べてみました。

予約が取れない
 

部屋が少ないため、契約したは良いが、予約が取れない状態がしばしば。

3ヶ月は契約できないので、高い授業料でした。

今後予約できる部屋が多くなったら、良いサービスになるんだろうな、と思いました。

きゃんゆー

約1年前の投稿でした。

今見ると146の施設が予約できるようになっています。

 

大人数で泊まれる施設が少ない
 

ファミリー(大人2人、子供2人)で使う予定で契約しましたが、そんな人数で使える施設がほとんどなく、退会しました。

独身の人であればもう少し便利に使えるんだとは思いますが、ファミリーには難しいサービスでした。

きゃんゆー

ファミリーには使いづらいサービスかもしれませんね。

 

施設が汚い
 

初回はきれいで満足でしたが、別のところに行った際、部屋は散らかっていたり、虫だらけだったり、施設によって当たり外れがあったのが残念でした。

コンセプトはおもしろいので今後もう少しサービスのレベルを上げてほしい。

きゃんゆー

管理は家守さんに任せているせいか、なかなかサービスレベルは揃わないのでしょうね。

今後に期待。

 

予約は計画的に

色々な場所を巡れて、様々な人に出会えてとても楽しいです。

「予約は思い立って前日に」ということができないので、あらかじめ計画しておく必要があります。

施設がもっと増えてくれるともっと使いやすくなるかな、と期待しています。

きゃんゆー

色々な意見がありますね。

なお、ADDress会員の人がnoteで滞在記をたくさん公開しているので、気になる人はこちらも要チェックです。

 

料金体系

きゃんゆー

『ADDress』の料金体系です。

ADDressの料金体系は極めてシンプル。

以下の通り、月額4.4万円となっています。(最低契約期間は3ヶ月)

会員料金 4.4万円(税込)/月

別途料金で専用のドミトリーベッドも契約できます。

住民票登録もできるので郵便物の受け取りも可能です。

きゃんゆー

解約は自由にできると思いきや、契約形態が賃貸借契約なので、解約する場合は2カ月前に通知が必要なので要注意です。

また、追加で以下の料金を支払うと定額料金で飛行機に乗ることができます。(月に最大片道4回)

契約期間

料金

利用回数

対象空港
1ヶ月 4万円/月 最大片道4回 羽田・新千歳・旭川・新潟・伊丹・岡山・鳥取・高松・徳島・福岡・佐賀・大分・熊本・宮崎・鹿児島
2ヶ月 3.5万円/月
3ヶ月 3万円/月

対象路線・対象便は以下の通りです。

きゃんゆー

多拠点を移動する人には嬉しいサービスですね。

 

利用の流れ

きゃんゆー

利用の流れはシンプルです。

STEP1:会員契約を行う

メールアドレスで会員登録を行い、WEB上で基本情報の入力と本人確認書類を提出します。

本人確認や反社チェック、オンライン審査の結果、入会審査の可否について連絡が来ます。

 

STEP2:契約締結、クレジットカード登録

送られてきたメールの案内に従い、WEB上で契約を締結し、クレジットカードの登録を行います。

完了後、専用サイトのログインアカウントが発行されます。

 

STEP3:泊まりたい家を選択し、予約する

会員専用サイトで泊まりたい家を選択。

空室を確認し、予約リクエストを送ります。

 

STEP4:予約完了メールが届く

予約リクエストから48時間以内に予約完了メールが届きます。

 

STEP4:泊まる

後は実際の家に行き、泊まるだけです。

 

予約のルール

きゃんゆー

以下、予約に際してのルールです。

同時予約は14日まで。同じ部屋の予約は連続7日までとなっています。

もし同じ部屋に泊まり続けたい場合は延長も可能です。(ただし、他の予約がない場合のみ)

1ヶ月から3ヶ月先まで予約が可能です。

きゃんゆー

急に泊まりたいという話への対応は難しいようです。

ご利用は計画的に。

 

さいごに

きゃんゆー

住み放題サービス『ADDress』を紹介しました。

住む拠点を複数持つ住居のカタチは今後広まっていくことが予想されています。

こういったサービスを使って自然が多い地方と利便性が良い都心に拠点をもって生きていくのも良いのではないでしょうか。

ただし、現状ではまた主の住みかとしては不安点もあるので、今後の改善に期待ですね。

この記事を書いたライター

きゃんゆー

ひとり哲学「ひとり時間と仲良くなるのが人生を楽しむ秘訣だ」

ひとりタイプ:貴族

生年月日:1979年1月22日A型

趣味:カメラ、旅行、ダイビング、資産運用

 

仕事は、IT企業の経営企画部でM&Aや会社の分析。

数字に基づいた情報分析は大好物です!

サラリーマンをしながら資産運用を行っており、

運用歴は12年(投資信託、FX、株など)

運用実績は秘密!(いつか公開するかも)

収入源を複数持ち、自分の仕事を趣味として楽しむ『趣味リーマン』を目指してます。

 

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ