【契約前に知ってほしい】LINEモバイルの口コミ評判・デメリット

記事更新日: 2019/12/22

ライター: TJ

本ページからの申し込みで、以下のキャンペーンを実施中です!

  • 月額基本料金5ヶ月半額
  • LINE PayまたはLINEポイント5,000円分プレゼント
  • 端末1万円引きセールも実施中!

TJ

LINEモバイルへの乗り換えを検討しているそこのアナタ!

契約後に後悔しないためにも、ぜひこの記事をご覧ください。

この記事を書いた人
投資マニア  TJ  30代

投資マニア兼FP(ファイナンシャルプランナー)兼格安SIMアドバイザー。
自身は通信費を抑え始めて早5年経ち、携帯代だけで15万円以上のコストカットをしている。
普段は有料で格安SIM乗り換えやWiFiの相談にも乗っている。
(本サイトでは無料で情報をお伝えしています)

LINEモバイルはプランが魅力的で、乗り換えを検討している方の有力候補になるかと思います。

ですが、なんとなく不安がありませんか?

SIMアドバイザーをしているTJの経験では、LINEモバイルへの乗り換えを決められない理由は以下であることが多いです。

  • デメリットはないか?
  • 速度はどうなのか?
  • 乗り換えが面倒でないか?
  • 設定は難しくないか?
  • 本当にLINEモバイルでいいのか?
  • 結局どれくらい安くなるのかわからない

TJ

ん〜、わかります!

ということで、今回はLINEモバイルの口コミや評判、皆さんが不安に思っていることを調査し、検証しました!

LINEモバイルはLINEが使い放題なだけではないんです!

この記事でわかること
  • LINEモバイルの口コミ、評判
  • LINEモバイルのメリット、デメリット
  • 速度は早いか?
  • LINEモバイルは自分に合っているのか?
  • 申し込み、設定方法は難しくないか?
  • 結局どれ位安くなるのか?

気になる部分だけ見たいという声があったので、各ボタンからジャンプできるようにしました。

ぜひご活用いただければと思います。

まずはメリット・デメリット

さて、では早速メリット・デメリットを見てみましょう!

Twitterの評判はリアルですよね!

他にもたくさんの声がありますが、まとめると以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • SNSやLINEミュージックがデータフリーで使い放題
  • LINEの年齢認証やID検索が可能
  • 通信容量が余ったら繰越やデータシェアができる
  • 未成年やクレジットカードなしでも契約できる
  • 無料でフィルタリングアプリが利用できる
  • 主要3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)回線に対応
  • サポートが手厚い
  • 今ならキャンペーンでお得に契約できる
  • 12ヶ月経過後はいつでも解約可能
デメリット
  • Youtube等の動画は無制限で視聴できない
  • データ専用SIMと音声SIMの切り替えは契約を変更する必要あり
  • 通信速度は他社と比較してもそこまで早くない
  • トリプルキャリア対応でも、場合によってSIMロック解除が必要
  • 口座振替ができない
  • キャリアメールが使えない
  • 最低利用期間が設けられている

TJ

これらの中で契約前に知っておいて欲しいことを解説していきます。

(速度については次の章でお伝えします)

GOOD:SNSのデータフリー

データフリーとは、特定のSNSを利用する際はデータ容量が消費されないサービスです。

例えば、契約中のプランが月3GBであれば、上記SNSを3GB以上使っても速度制限はかからない※ということです!

※明確な基準はありませんが、大容量の継続的な通信により通信制限がかかることもあるそうです

TJ

プランによってどのSNSがデータフリーで使えるかは違います。

データフリーはLINEモバイル乗り換えの決定打になることが多いんですよね。

ただし、ライブ配信(視聴も)やミュージックビデオといった動画類はSNSデータフリーには含まれないので注意してください。

データフリーの詳細は公式HPをご覧ください。

TJ

更に、契約しているスマホはもちろんのこと、テザリングしている機器もデータフリーが適用されます!

大きい画面で文字を入力したい方にはかなり嬉しいサービスです。

しかも、LINEモバイルのテザリングサービスは無料です!

他社では月500円程度かかることも多いので、節約にもつながります。

(TJはテザリングが無料でできるのが当たり前だと思っていますが、、)

とにかく、容量を気にせずに高速でSNSを楽しめるのは非常に嬉しいですよね!

コラム:テザリングとは?

テザリングとは、スマホ経由で他の機器をインターネットに接続する方法のことです。

つまりスマホをWiFi機器のように使って、パソコンやタブレットでインターネットを楽しめます。

GOOD:LINEの年齢認証、ID検索

他社の格安SIMに乗り換えた場合、ID検索ができないことが多いです。

青少年保護の観点から必要ではありますが、ID検索できないと正直不便ですよね。

ですが、LINEモバイルであれば心配はご無用です。

TJ

LINEの連絡先を交換する際にQRコードを出したり、電話番号を教える必要もありません。

GOOD:繰越・データシェア

LINEモバイルは余ったデータ容量を自動で翌月末まで繰り越すことが可能です。

TJ

うっかり動画を見すぎた!という時の保険になります。

また、LINE上で友達になっている人に500MB毎に最大2.5GBまでデータをプレゼントすることもできます。

プレゼント方法はとても簡単です。

  • LINE公式アカウントを友達追加する
  • メニュー右下の「データプレゼント」をタップ
  • 送りたい友達を選択し、プレゼントするデータ容量を決める

データ消費の優先順位は以下のようになっています。

TJ

メモにも記載しましたが、データの追加購入は割高なのでできるだけしないようにしましょう。

追加購入時の料金表

コラム:プラン変更を使った節約術

LINEモバイルは、余ったデータ容量を翌月まで繰越し可能です。

また、プラン変更は無料で可能で、プラン変更したい月の月末までにマイページから申し込みすれば翌月から適用されます。

TJ

…ということは?

プラン変更を繰り返せばデータを余分に買ったり、余らせることなく使い切れるということ!

少々手間はかかりますが、より賢くLINEモバイルを使いこなすことができます。

GOOD:無料フィルタリングアプリ

特にお子さんがスマホデビューするという方にオススメです。

有害なページをブロックできることはもちろん、使用可能時間を設定すれば使いすぎも防ぐことができます。

アプリや検索履歴をチェックできることに加え、位置確認も可能です。

TJ

いくら安全のため…とはいえ過度な監視は嫌われてしまうので注意しましょう!

ちなみにLINEモバイルは未成年でも申し込みが可能です。

BAD:動画は無制限ではない

LINEやInstagramは基本的に使い放題ですが、容量を多く消費するYoutube等の動画はデータフリーに含まれないので注意が必要です。

LINEモバイルを使いたいが動画の視聴が多いという方は、自宅(やポケットWiFi)のWiFi環境下での視聴や月額200円のWiFiオプション加入がオススメです。

もちろんWiFi接続中は契約プランの容量を消費しません

TJ

データ容量が大きいプランでは毎月の支払いが3大キャリア並になってしまうので注意が必要です!

WiFiオプションは全国約49,000ヶ所のスポットで利用可能です。

人が集まる場所の多くで利用可能なので非常に便利です。

対応エリア詳細は公式HPをご覧ください。

ちなみに、BIGLOBEモバイルにはYoutubeも含めたデータフリープランが用意されています。

動画は無制限ではない!

が、使い方を少し工夫すれば問題なし!

BAD:SIMの切り替えには再契約が必要

LINEモバイルで音声通話あり/なしのどちらかを選ぶ必要があります。

例えば最初は音声通話ありで契約していたけれど、使わないから音声通話なしのプランに変更したいとします。

この場合、いったん契約を解除して新たに契約し直す必要があります。

TJ

ですが、LINEモバイルは契約から12ヶ月以内の解約で1,000円、12ヶ月経過後はいつでも解約料なしで解約できます。

※ただし、2019年9月30日以前に申し込んでいる方は12ヶ月経過前の解約料が9,800円かかります

なので、切り替えの緊急度と費用を比べてすぐ解約すべきか選択しましょう。

SIMの切り替えには再契約が必要

少し手間ではあるが、解約料は安い!

BAD:場合によってはSIMロック解除も必要

LINEモバイルは大手3キャリアの電波に対応しているため、同じ電波を使用するのであればSIMロック解除が不要です。

もちろん違う電波に変えたいという方はSIMロック解除が必要です。

(iPhone8より新しい機種であれば全て対応)

TJ

電話番号を変えたくない場合はMNP(ナンバーポータビリティ)の手続きも必要です。

コラム:SIMロック解除、MNP取得方法

◯SIMロック解除

各社インターネット経由であれば手数料無料な上、待ち時間なしでできるので、サクッと済ませてしまいましょう!

店舗でこの作業を行う際は身分証の提示が必要なので、忘れずに持参しましょう。

◯MNP取得

MNPとはMobile Number Portabilityの略で、今の携帯電話番号を他社でそのまま使うために必要な手続きです。

この作業もSIMロックと同じで、大した作業は必要ありません。

MNP予約番号の有効期限は15日と短いので、MNP予約番号を取得したらすぐに乗り換えの準備を始めましょう。

MNP予約番号を取得すること自体には手数料はかかりません。

ただし、取得したMNP予約番号で実際に他社へ乗り換えを行うと、2,000〜3,000円のMNP転出手数料が発生します。

各社引き止めにかかることもあるそうですが、強いハートを持って挑みましょう。

場合によってはSIMロック解除が必要

これは仕方がないが、動き始めればすぐ終わる

BAD:口座振替ができない

TJ

LINEモバイルに限った話ではないのですが、口座振替は滞納率が上がる(裏情報)ため、業者は口座振替を不可にしていることが多いです。

毎月自動的に引き落としてくれ、払い忘れがないのでクレジットカードでの支払いがオススメです。

クレジットカードを持っていない人はプリペイドカード(LINE Payカード)でも対応可能です。

口座引き落としができない

が、クレジットカードまたはプリペイドカードで対応可能!

ここまでをまとめると、当然デメリットはありますが、どれも工夫次第で対処可能です!

気になる速度は?

先ほどデメリットの部分にも記載しましたが、皆さんも気になっている速度です。

TJ

速度が遅いとストレスが溜まりますよね!

大手キャリアや他社格安SIMの通信速度がどうなっているか見てみましょう!

※各キャリアの表示/非表示や、期間変更が可能です

※うまく表示されない場合にはページの再読み込みをお試しください

TJ

これを見るとやはり大手3社は安定して早いですね!

格安SIMの中ではUQモバイルOCNモバイルが早いですね。

Y!mobileも早いですが、あくまでソフトバンクの一部であるサブブランドなので、ソフトバンクと同じ速度が出て当然です。

もちろん、建物の中などの電波が届きにくい場所や混雑する時間帯(12〜13時、18〜19時)では遅くなります。

128Kbpsは何をするにもストレスを感じる速度、1Mbpsあれば低画質動画は見れる程度です。

通信速度に関しては、一般的に下図のような基準があるので、参考にしてみてください。

※1Mbps=1,000Kbps

LINEモバイルは最近人気が急上昇しており、ユーザーが一気に増えてしまったことも他社に比べて速度が遅い理由の一つかもしれません。

道幅に対して交通量が急に増えてしまい、交通整備が間に合っていないということです。

LINEモバイルの速度は…

・他社と比べると遅いが、使えない速度ではない

・速度を求めるのであれば、現状は他社の方がいい

申し込みは面倒でない?

TJ

面倒と思われがちな格安SIMへの乗り換えですが、案外サクッと終わってしまいます。

申し込みは基本的にWEB経由です。

店舗でも可能ですが、往復の交通費、待ち時間を考えると簡単にできるWEBからの申し込みがオススメです。

※au回線は店舗での取り扱いがありません

申し込みの流れは6ステップです。

用意するものは

あとは画面の指示に従ってプラン等を選択していき…

TJ

キャンペーンコードはお忘れなく!

個人情報の入力、決済、本人確認書類の提出へ進み、ログインIDの設定が終われば…

TJ

もう完了です!

情報や提出物の不備がなければ1〜3日で届きます。

LINEモバイルの申し込みは…

ネット銀行開設のように簡単で、ネット上でサクッと完結!

設定は難しくない?

TJ

設定も心配ご無用です。

Twitterでも簡単と言われていますが、本当に5分程度あれば終わってしまいます

公式HPで写真付きで丁寧に紹介されています。

◯iPhone/iPadの設定はコチラ

◯androidの設定はコチラ

TJ

ちなみにLINEモバイルでSIMカードとandroid端末をセットで購入すると設定済みのものが届きます!

もし設定でつまづいたことがあれば、チャットと電話(比較的繋がりやすい)とメールいずれかの方法でサポートに聞くことができます。

LINEモバイルはサポートが他社比で手厚いのも高ポイントです。

LINEモバイルの設定は…

とにかく簡単!何かあれば手厚いサポートへ

結局、いくら安くなるのか

TJ

といったような声がある一方で、本当に安くなるのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

そこで、TJが過去にコンサルを行なったLINEモバイルへの乗り換え事例を紹介します!

au、softbank→LINEモバイル

趣味の旅行へ!
30代夫婦

TJ

この時は、通話はLINEでしかしない、今使っているキャリアや端末から簡単に乗り換え可能ということでLINEモバイルを提案しました。

自宅ではWiFiを使っているそうなので、使い方を工夫すればデータ容量をもっと削ることも可能です。

実際に乗り換えた後「これをきっかけに節約に興味が出てきました!」との報告があり、嬉しい限りです。

 

さて、大手3キャリアを使用中の方の毎月の平均支払額が8,000円〜9,000円ほどと言われています。

これに対し、LINEモバイルの中間くらいの料金プランを作成すると、こうなります。

つまり月額支払額が8,000円→3,300円となるので、年間5万6,400円も安くなってしまいます。

ちなみにLINEモバイルの料金プランは下のようになっています。

LINEモバイルに乗り換えると…

・大手と比べて5万円ほど安くなる可能性がある!

LINEモバイルがオススメできる人

LINEモバイルはこのような方にオススメです。

  • SNSを頻繁に使う
  • 混み合う時間帯(12〜13時、18〜19時)は遅くても仕方がないと思える
  • 電話はLINEで済む
  • お子さんのスマホデビュー
  • クレジットカードを持っていないが格安SIMを使いたい

逆に、オススメできないのはこのような方です。

  • 動画を外出中にたくさん観たい
  • 通信速度が爆速でないと嫌だ
  • 電話をたくさん使う
  • 支払いは銀行振替がいい

デメリットに感じることも、要は考え方次第ではデメリットではなくなるので、メリットの方が大きいと感じたら乗り換えましょう!

考え方の例

例1)通信が遅い休み時間や退勤時間はスマホから離れて本を読んだりして過ごす

例2)支払いをクレジットカード払いにするとポイントが貯まる

TJ

申し込みを悩んでいる方は、お得なキャンペーンを逃さないためにもお早めに!

この記事を書いたライター

TJ

生粋の投資マニア。

幼少期の経験が原因でお金大好き。

収入のほとんどを投資している。

貯金0から5年で資産◯千万円(ヒミツ)を達成し、ほぼ全てを投資中。

FP、格安SIMアドバイザーの仕事もしている。

この記事に関連するラベル

ページトップへ