【口コミ評判】J:COMモバイルは低評価⁉︎その理由とは一体?

記事更新日: 2020/03/25

ライター: TJ

TJ

J:COMモバイルはケーブルテレビで有名なJ:COMが運営している格安SIMキャリアです。
あまり評価が良くないと噂のキャリアですが、その理由を調査してみました!

この記事を書いた人
投資マニア  TJ  30代

投資マニア兼FP(ファイナンシャルプランナー)兼格安SIMアドバイザー。
節約=ダサいという固定概念を変えるべく日々活動中。
自身は格安SIMを使い始めて5年以上経過。
普段は格安SIMをはじめとするお金に関する相談を有料で受けている。
(本サイトでは無料で情報をお伝えしています)

本ページからの申し込みで、以下のキャンペーンを実施中です!

  • 対象端末、データプランへの新規加入で月額基本料金を8カ月1,500円割引
  • 他社からの乗り換え(MNP)で最大10,000円分のQUOカードプレゼント
  • 29歳以下限定!4年間1,000円OFF
  • かけ放題5分オプションが2ヶ月無料

総合評価
対応回線
audocomo
未成年
可(親権者の同意が必要)
端末セット
SIMのみ販売
詳細はこちら

格安SIMアドバイザーの総評

J:COMモバイルはプランがシンプルで、申し込み時にスタッフが無料で訪問と設定をしてくれます。

一方で訪問を選択しなかった場合でも確認電話が必須なので、少しお節介と感じる人もいるかも知れません。

TJ

普通に使うといい点が少ないキャリアですが、J:COM関連サービスを使っている/使いたい方にはオススメです。

あくまでJ:COMサービスの付帯サービスとして割り切れる方は検討する価値があります。

良い点もありますが、それ以上にデメリットや痒いところに手が届かない部分が多くあります

その結果、ユーザーの評価も決して高くありません。

J:COMモバイルはこのような方にオススメです。

  • 速度が遅くても我慢できる
  • 普段WiFi環境下にいる
  • 回線の種類にこだわりがない
  • プランはシンプルがいい
  • J:COMオンデマンドアプリを使いたい
  • J:COMのサービスに加入している/興味がある
  • 無料訪問サービスで初期設定をしてもらいたい

逆に、オススメできないのはこのような方です。

  • J:COMサービス提供エリア外に住んでいる
  • 使いたい回線がある
  • 爆速で通信したい
  • 違約金や最低利用期間を気にしたくない
  • 家族でデータシェアしたい
  • 長電話したい
  • 契約も解約もWEB上で完結させたい

TJ

J:COMモバイルはJ:COMオンデマンドに特徴のあるキャリアです。

契約前に知らないと損する情報を書いていますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • J:COMモバイルの口コミ、評判
  • メリット、デメリット
  • 速度
  • 料金プラン
  • 申し込み、設定方法

各ボタンから見たい項目にジャンプできるようにしてあります。

ぜひご活用ください!

ユーザーの評価は?

J:COMモバイルは名前からも予想できる通り、ケーブルテレビサービスを手がけるJ:COMが運営しています。

1回くらいはJ:COMという名前を聞いたことがある方が多いかと思いますが、J:COMモバイルのユーザー数は決して多いとは言えないです。

TJ

TJの周りにも使っている人はあまりいないんですよね。

評価はどうなのか、Twitter上のJ:COMモバイルに関する評判・口コミを上から順番に50件調査してみました!

Twitterは気軽に投稿できる上、公式サイトのように運営側に都合が悪い情報をシャットアウトできないので、評判の調査にはピッタリです。

しかも、どちらかと言うと悪い情報が書き込まれる傾向にあるので、厳しめの評価がされます。

以下に気になるものをいくつかピックアップしました。

良い口コミ・評判

悪い口コミ・評判

TJ

集計結果は、良いものが26%、悪いものが74%の割合でした!

正直に言って、ここまで満足度が低いとは思っていませんでした。

J:COMモバイルの評判は…

正直、低い!原因の追及が必要!

J:COMモバイルの評価が低い理由

先ほどの調査結果からユーザーの評価が低いことがわかりましたが、一体何が原因なのでしょうか?

TJ

TJの経験上、格安SIMの評価が悪い主な理由は「速度」「サポート」「解約関係」です。

J:COMモバイルも同じとは限らないので、更に深堀り調査を行いました。

その結果、J:COMモバイルには以下のようなデメリットがあり、これらの中に原因があることが判明しました。

デメリット
  • ユーザー数が少ない
  • J:COMケーブルテレビ提供エリアのみ契約可能
  • 契約がWEBだけで完結しない
  • au回線は端末セット購入時のみ加入可能
  • SIMのみ購入の場合はdocomo回線のみ
  • softbank回線はない
  • 通信速度は遅い
  • 速度制限がある
  • 高速通信/低速通信の切り替えができない
  • 複数端末でのデータシェアプランがない
  • 支払いがクレジットカードのみ
  • 最低利用期間最長2年&違約金最大8,500円のプランがある
  • サポートの受付時間が短い
  • 解約(オプション含む)の受付が電話のみ
  • docomo回線はSIMカードを返却する必要がある

TJ

まとめていて、あまりのデメリットの多さにビックリしました(笑)

これだけデメリットがあれば、悪い評価をするユーザーも多そうです。

速度やプランについての詳細は後ほど紹介しますので、それ以外の部分で知っておくべき注意点を挙げていきます。

BAD:誰でも契約できるワケではない

いくらJ:COMモバイルが自分に合ってそうと思っても、実は誰でも契約できるワケではありません

この理由は、J:COMモバイルを契約できる人は「J:COMサービス提供エリア内に住んでいること」が条件となっているからです。

TJ

この情報を見た時、とてもビックリしました。

スマホの契約をしたいだけなのに、住んでいる地域によっては加入できないなんて不思議ですよね。

具体的にこれらの県に住んでいる方は申し込みができます。

その他の県に住んでいる方は、残念ですが契約ができないので他のキャリアを検討ください。

他のオススメキャリアはこちらからジャンプできます。

契約できない人がいる…

J:COMサービス対象エリア外に住んでいると契約できない

BAD:契約がWEBだけで完結しない

こちらも他社では見ることがないデメリットです。

WEBで申し込んだ後、

  • J:COMから確認の電話またはスタッフの訪問
  • 書類に必要情報を記入

が完了してようやく契約が完了します。

TJ

確認の電話やスタッフの訪問が必須なのが面倒です。

営業のために組まれたフロー※では?と思ってしまいます。

※J:COMはケーブルテレビ事業も行っているので、未加入の世帯にサービス紹介をする可能性があります

ただ、この訪問サービスではスタッフが無料で初期設定や使い方をレクチャーをしてくれる良い面もあります。

■無料設定サービスの内容

  • MNP回線切り替え
  • J:COM MOBILE端末の基本初期設定
  • J:COM NETのWi-Fi設定(自宅のWi-Fiを使えるように)
  • Googleアカウント設定
  • Gmail設定 J:COMパーソナルID登録
  • J:COMオンデマンド設定(J:COM TV加入者のみ)
  • 電話帳移行
  • LINE設定

TJ

J:COMのサービスに興味がある方や、設定に不安がある方にとっては非常にいいサービスと言えます。

契約がWEBで完結しない…

申し込み後、電話またはスタッフの訪問が必須!

J:COMのサービスに興味がある方や、設定に不安がある方にとっては良いサービス!

BAD:速度制限がある

J:CMOモバイルにはau回線とdocomo回線が用意されていますが、どちらの回線を選んでも速度制限があります。

  • au回線(端末セット):6GB/3日
  • docomo回線(SIMのみ購入):366MB/3日

TJ

今時、3日で366MBというのは少なすぎです!

YouTubeで換算すると40分ほど。

1日13分か…これはWiFi必須ですね。

ちなみに、速度制限に引っかかると200Kbps(LINEやTwitterは可能、重いWEBサイトや動画はNG)という速度になります。

もしYouTubeをたくさん観たいのであれば、BIGLOBEモバイルが提供しているエンタメフリー がオススメです。

YouTubeの他、U-NEXT、Spotify、LINE Musicといったサービスをデータ消費ナシで楽しめます。

TJ

契約している通信容量や速度制限を気にせずに楽しめるので、観すぎて廃人にならないように気をつけましょう(笑)

似たようなサービスとして、LINEモバイルがSNSのデータフリーサービスを提供しています。

TouTube観放題ではありませんが、Instagramやtwitter等がデータ消費ナシで楽しめます。

どちらの回線も速度制限あり!

特にdocomo回線の条件が厳しい!

ストレスなく通信したいのであれば、WiFiの併用や他社を検討すべし!

BAD:回線の自由度が小さい

J:COMモバイルはau回線とdocomo回線にしか対応していません。

しかも、

  • 端末セットで購入するときはau回線
  • SIMカードのみ購入するときはdocomo回線

しか選ぶことができません。

現在別のキャリアを使っている場合、そのままでは使えないので、乗り換えるときにSIMロック解除の手続きが必要です。

TJ

同じ回線を使用中でも電話番号を引き継ぎたい場合はMNP(ナンバーポータビリティ)の手続きが必要です。

2020年2月時点で主要3キャリアすべてに対応しているのはmineoLINEモバイルnuroモバイルです。

ただし、SIMロック解除さえ行えば、現在他社の回線を使用していても端末はそのままでJ:COMに乗り換えできます。

ですが、端末との相性もあるので基本的には今と同じ回線をオススメします

TJ

詳しい理由を書くと長くなってしまうのですが、簡単に言うと「各社で使っている電波の特性が違うため、端末によって不得意な電波がある」というのが理由です。

iPhoneの対応状況は以下のようになっています。

コラム:SIMロック解除、MNP取得方法

◯SIMロック解除

各社インターネット経由であれば手数料無料な上、待ち時間なしでできるので、サクッと済ませてしまいましょう!

店舗でこの作業を行う際は身分証の提示が必要なので、忘れずに持参しましょう。

◯MNP取得

MNPとはMobile Number Portabilityの略で、今の携帯電話番号を他社でそのまま使うために必要な手続きです。

この作業もSIMロックと同じで、大した作業は必要ありません。

MNP予約番号の有効期限は15日と短いので、MNP予約番号を取得したらすぐに乗り換えの準備を始めましょう。

MNP予約番号を取得すること自体には手数料はかかりません。

ただし、取得したMNP予約番号で実際に他社へ乗り換えを行うと、2,000〜3,000円のMNP転出手数料が発生します。

各社引き止めにかかることもあるそうですが、強いハートを持って挑みましょう。

回線の自由度が小さい…

手間は増えるが、SIMロック解除にて対応可能!

BAD:高速/低速通信の切り替えが不可

J:COMモバイルは高速/低速通信の切り替えができません

他社(UQモバイル楽天モバイルIIJmio)は低速モードに切り替えることでデータ容量消費ナシでインターネットが利用できます。

急いでいない時は低速モードで通信する事で、契約するデータ量を抑える事ができ、賢く節約が可能です。

TJ

ちなみにこれらのキャリアの低速モードはLINE、メールといった使い方であれば十分対応可能です。

J:COMモバイルの高速通信速度は決して早いとは言えず(後ほど改めて紹介します)、速度制限もあります。

従って、いつでもサクサク通信できると思っていると、ストレスを感じてしまうかもしれません。

速度切り替えが不可…

速度切り替えができないため、賢く節約できない。

高速通信自体も早くなく、速度制限もアリなので快適な通信とは言えない可能性も。

BAD:違約金があるプランも

J:COMモバイルは回線やプランによって最低利用期間や違約金が変わります。

au回線(端末セット)を申し込んだ場合は、長期割(2年の最低利用期間付きで割引)を適用しなければ違約金がかかりません

もし2年以内に解約した場合、以下の違約金(と1回線あたり2,000円の解約事務手数料)が発生します。

  • 0.5GB/月→4,800円
  • 上記以外→8,500円

TJ

端末代を分割で支払っている場合は残金も一括請求されます。

払えない状態になってしまうと、金融事故(ブラックリスト掲載)になり、ローンが借りられなくなる可能性も!

docomo回線では「音声+データ通信」プランにのみ12ヶ月の最低利用期間と違約金があります。

違約金は初月に解約した場合で8,400円かかり、1月ごとに700円下がっていきます。

TJ

更に、解約事務手数料がは1回線あたり2,000円かかります!

違約金と合わせると結構高いので、よく吟味してから契約しましょう。

他社(例えばUQモバイルOCNモバイルONE)を見てみると、最低利用期間ナシ&違約金0円が当たり前です。

J:COMモバイルは契約するのに手間がかかるのに、解約の敷居が高いのはなんだか複雑な気分です。

最低利用期間や違約金

プランによっては解約時に高額になるので注意!

BAD:サポート時間が短い

申し込み直後の無料訪問サポート体制は、ニーズがあると思うのでまずまずの評価です。

では、使い始めてからのサポートがどうなのかというと、なんとも言えない部分があります。

その原因の1つが「電話サポートの対応時間が短い」事です。

TJ

メールやLINEも用意されていますが、緊急時には電話で聞きたいですよね。

サポートの電話番号と時間は以下の通りです。

カスタマーサポート:0120-999-000(年中無休、9:00-18:00)

技術サポート:0120-99-3652(年中無休、9:00-18:00)

※地域により電話番号が異なります

キャリアによっては21時まで電話対応してくれるところもありますが、初期設定を無料訪問で行ってくれるのはJ:COMモバイルだけです。

電話サポートが短い…

確かに時間は短いが、初期設定のサポートは手厚い!

BAD:解約が電話のみ受付

オプションを含め、J:COMモバイルの解約は電話でのみ受付可能です。

現時点ではネット上で完結する解約方法はありません。

TJ

これも残念なポイントです。

解約を面倒にして、囲い込んでいると思われても仕方がないですね。

また、解約予定日の1ヶ月程度前に連絡しておかないと、希望日通り解約できないこともあるので注意してください。

解約事務手数料が1回線あたり2,000円かかることもお忘れなく。

解約が電話のみ…

ネットで完結できるようになると嬉しい!

 

この章ではJ:COMモバイルのデメリットについて取り上げました。

これらの点と、次章で解説する速度が気にならなければ乗換候補に入れてもいいと思います。

速度は遅い…?

いきなりこのようなキツい口コミがありますが、J:COMモバイルの速度は本当に遅いのでしょうか?

TJ

色々と調査してみましたが、混雑する時間帯は〜1Mbps、それ以外は4Mbpsくらいが平均値です。

混雑していない時間帯であればWEBは問題なく見られそうですね!

ちなみに、通信速度に関しては、一般的に下図のような基準があるので、参考にしてみてください。

※1Mbps=1,000Kbps

TJ

大手キャリアや他社格安SIMの通信速度と比較してどうなのか見てみましょう!

※各キャリアの表示/非表示や、期間変更が可能です

※うまく表示されない場合にはページの再読み込み(またはブラウザの変更)をお試しください

※動画視聴には下り速度の方が重要です

TJ

実際のデータを見比べてみると、確かにJ:COMモバイルは遅い分類に入ります。

そして格安SIMの中ではUQモバイルOCNモバイルが早いですね。

Y!mobileも早いですが、あくまでソフトバンクの一部であるサブブランドなので、ソフトバンクと同じ速度が出て当然です。

もちろん、建物の中などの電波が届きにくい場所では普段より遅くなります。

TJ

速度を重視するのであれば、J:COMモバイルは避けた方が無難です。

最小ギガプランとモバイルWiFiの組み合わせであれば、速度の問題は解決できそうです。

J:COMモバイルの速度は…

口コミ通り遅い!

速度を重視するのであれば他社の検討を!

J:COMモバイルのメリット

ここまで散々デメリットについてダメ出ししてきましたが、もちろん良い点もあります。

主なメリットは以下の通りです。

メリット
  • プランがシンプルでわかりやすい
  • 余ったデータ容量は翌月繰越し
  • 購入した追加データの有効期限が4ヶ月と長い
  • au回線は公衆無線LANが無料
  • J:COMオンデマンドアプリ経由で動画がギガ消費ナシ

TJ

デメリットに比べると少ないような気もしますが、これらの中で重要な項目について見ていきましょう。

GOOD:余ったデータを繰越し可能

J:COMモバイルは余ったデータ容量を翌月まで繰越し可能です。

特に申し込みも必要なく、余った分は自動で翌月に繰越されます

取り組む価値があるかは微妙なところですが、電話またはメールで毎月プランを変更すれば、データ容量を余らせる事なく使うことも可能です。

GOOD:au回線は公衆無線LANが無料

au回線(端末セット)を契約した時に限り、通常月額362円かかる公衆無線LAN「Wi2 300」が無料で使用可能です。

これらのマークがある場所で接続可能で、飲食店をはじめとする数多くの接続スポットを有しています。

TJ

どうせならdocomo回線(SIMのみ購入)にも無料開放して欲しいですよね。

J:COM側としては儲けがある端末セットでないと提供が難しいかとは思いますが。

GOOD:J:COMオンデマンドアプリでギガ消費なし

こちらもau回線(端末セット)のみの提供にはなりますが、J:COMモバイルの最大の特徴ともいえるのがこのサービスです。

作品視聴自体は有料(一部無料)ですが、ギガ消費なしで動画が楽しめます。

また、動画以外にも音楽や本も用意されており、これらもギガ消費なしです。

TJ

すでにJ:COM関連サービスを使っている方や野球好きの方は見逃せないですよね。

プランは安いの?

このような口コミもありますが、実際はどうなのでしょうか?

J:COMモバイルの料金プランは下のようになっています。

特徴的なのが、各選択肢でプランが4つしかないことです。

J:COMモバイルの契約にあたり、どの回線を使いたいかによって購入するものが違います。

  • 端末セットで購入→au回線
  • SIMカードのみ購入→docomo回線

端末セットの購入ならば、標準契約(最低利用期間&違約金ナシ)または長期契約(最低利用期間2年&違約金最大8,400円)を選ぶ必要があります。

TJ

端末代を分割払いで払うと、ここに端末代も乗っかってくるのでお忘れなく。

また、解約すると未払いの端末代が一括請求されるので、ご注意ください。

SIMカードのみの購入では長期割という概念はありませんが、電話を使いたいかによって月額料金が変わってきます。

音声+通話のプランでは12ヶ月の最低利用期間があります。

TJ

長期割を適用すれば、J:COMモバイルは他社と比べて10GB以上のプランも比較的安いです。

速度が遅くて使い切れない可能性もありますが。。

オプション数は非常に多いわけではありませんが、必要なものは一通り揃っています。

データ容量追加は0.1GB/200円で可能で、有効期限が4ヶ月と長いのが特徴です。

TJ

docomo回線(SIMのみ購入)では電話かけ放題のオプションを選べないので、ご注意ください。

5分以上かけ放題のオプションを付けたいのであれば、他社の方が充実しています。

他社では、Yモバイルエックスモバイルが完全かけ放題を提供しています。

また、OCNモバイルONELIBMOは通話時間の長い上位3番号との無制限通話が可能になる仕組みを提供しています。

 

複数端末でのデータ容量シェアも扱っていないので、家族で乗り換えると割高になってしまうこともあります。

TJ

シェアプランを検討しているのであれば、IIJmioLIBMOが優秀です。

4人以上や2世帯で使いたい方はこちらも是非チェックしてみてください。

 

ところで、大手3キャリアを使用中の方の毎月の平均支払額が8,000円〜9,000円ほどと言われています。

これに対し、J:COMモバイルの中間の料金プランを作成すると、こうなります。

つまり月額支払額が8,000円→4,130円となるので、年間4万6,440円も安くなってしまいます。

ちなみに、初期の事務手数料はJ:COMモバイル契約時にJ:COMサービスに加入すると安くなることもあるそうです。

J:COMモバイルに乗り換えると…

大手と比べて4.6万円ほど安くなる可能性がある!

申し込みの手順は?

TJ

J:COMモバイルは申し込み後に電話や自宅訪問が必須なので他社に比べれば多少手がかかります。

ですが、動いてしまえば案外サクッと終わります。

大まかな流れは下の通りです。

用意するものは

あとは画面の指示に従っていけば…

TJ

これらの情報を入力完了後、J:COMモバイルからの連絡を待ちます。

電話確認の場合は、書類が送られてくるので必要事項を記入後、返送します。
後日、端末やSIMカードが送られてくるので設定すれば完了です。
自宅訪問の場合は、スタッフが書類や端末を持ってきてくれる上、設定もその場で行ってくれます。

以上が申し込みの流れです。

TJ

欲を言えば全てオンライン上で完結して欲しいですが、案外に簡単ではないでしょうか?

情報や提出物の不備がなければサクッと終わります。

J:COMモバイルの申し込みは…

他社よりは手間がかかるが、メチャクチャ大変でもない!

設定は難しくない?

TJ

設定も心配ご無用です。

冗談ではなく、本当に5分もあれば終わってしまいます

公式HPに写真付きで丁寧に説明されています。

■au回線の方はコチラ

■docomo回線の方はコチラ

J:COMモバイルの設定は…

5分あれば終わる!

J:COMモバイルをオススメできる人

J:COMモバイルはこのような方にオススメです。

  • 速度が遅くても我慢できる
  • 普段WiFi環境下にいる
  • 回線の種類にこだわりがない
  • プランはシンプルがいい
  • J:COMオンデマンドアプリを使いたい
  • J:COMのサービスに加入している/興味がある
  • 無料訪問サービスで初期設定をしてもらいたい

逆に、オススメできないのはこのような方です。

  • J:COMサービス提供エリア外に住んでいる
  • 使いたい回線がある
  • 爆速で通信したい
  • 違約金や最低利用期間を気にしたくない
  • 家族でデータシェアしたい
  • 長電話したい
  • 契約も解約もWEB上で完結させたい

総括すると、普通に使うといい点が少ないキャリアですが、J:COM関連サービスを使っている/使いたい方にはオススメです。

あくまでJ:COMサービスの付帯サービスとして割り切れる方は検討する価値があります。

この記事を読んでJ:COMモバイルが微妙だと思った方に、オススメ格安SIMは以下の通りです。

  • LINE等のSNSをデータ使用ナシで使いたい
    LINEモバイルがオススメ
  • 爆速で通信したい
    UQモバイルがオススメ
  • 格安ではないが、高速通信を楽しみたい
    Yモバイルがオススメ
  • 楽天市場をよく使っていて、あわよくば携帯代を0円にしたい
    楽天モバイルがオススメ
  • YouTubeをたくさん観たい
    BIGLOBEモバイルがオススメ
  • 最新端末を格安で手に入れたい
    OCNモバイルONEがオススメ
  • 他とは一線を画したキャリアを使いたい
    nuroモバイルがオススメ
  • サポートが充実のキャリアがいい
    イオンモバイルがオススメ
  • 最新技術のeSIMを試してみたい
    IIJmioがオススメ
  • 初めての格安SIMに乗り換える方
    mineoがオススメ
  • 株主優待で富裕層気分を味わいたい
    LIBMOがオススメ

この記事を書いたライター

TJ

生粋の投資マニア。

幼少期の経験が原因でお金大好き。

収入のほとんどを投資している。

貯金0から5年で純資産◯千万円(ヒミツ)を達成し、ほぼ全てを投資中。

FP、格安SIMアドバイザーの仕事もしている。

この記事に関連するラベル

ページトップへ