【これぞ神のSIM⁉︎】リンクスメイトの口コミ評判を徹底解説!

記事更新日: 2020/08/16

ライター: TJ

TJ

Links Mate(リンクスメイト)は一部ユーザーから「神」と呼ばれているキャリアです。
その理由とは一体⁉︎

この記事を書いた人
投資マニア  TJ  30代

投資マニア兼FP(ファイナンシャルプランナー)兼格安SIMアドバイザー。
格闘ゲームのスマッシュブラザースが得意で、一対一で負けた記憶がない。
ただ、恥ずかしがり屋たっだので大会には出ていない…
普段は格安SIMをはじめとするお金に関する相談を有料で受けている。
(本サイトでは無料で情報をお伝えしています)

本ページからの申し込みで、以下のキャンペーンを実施中です!

  • セゾンカードの利用で最大3,000円キャッシュバック!
  • 申し込み後、U-NEXTの無料体験申し込みで31日間見放題&2,000円分のポイントプレゼント

総合評価
対応回線
docomo
未成年
可(親権者の同意で14歳〜)
端末セット
SIMのみ販売
詳細はこちら

格安SIMアドバイザーの総評

Links Mateは大企業であるサイバーエージェントのグループ会社が運営する格安SIM会社です。

非常に多くのサービスで通信量がカウントされない「カウントフリー」の他、対象ゲームの特典が得られるといった特徴があります。

TJ

また、速度は比較的速くて安定しています。

ゲーマーにとっては神、そうでない人にとっても非常に良いキャリアです。

しかし、全ての人にLinks Mateがオススメできるとは限りません。

Links Mateはこのような方にオススメです。

  • 速度はそこそこ、料金も安くしたい
  • スマホでゲームをする事が多い
  • ゲームの特典が欲しい
  • カウントフリーを複数人で使いたい
  • 最低利用期間に縛られたくない
  • 深夜の時間帯にサポートへ質問したい

逆に、オススメできないのはこのような方です。

  • docomo回線以外がいい
  • 動画をたくさん観たい
  • 長電話する
  • 端末セットを購入したい
  • 実店舗で契約したい

TJ

Links Mateは大きなキャンペーンを滅多に行わない代わりに、魅力的なプランを提供しています。

この記事には知らないと損する情報も書いていますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • Links Mateが神のSIMと呼ばれる理由
  • Links Mateの口コミ、評判
  • メリット、デメリット
  • 速度
  • 料金プラン
  • 申し込み、設定方法

各ボタンから見たい項目にジャンプできるようにしてあります。

ぜひご活用ください!

なぜ神SIMと呼ばれているのか?

Links Mateは一部のコアなファンから「神のSIM」と呼ばれています。

その理由は、2つあります。

  • ある特定のサービスを利用するときは通信量を消費しないカウントフリー
  • 対象ゲームとの連携で特典が手に入る

TJ

それぞれ順番に見ていきましょう!

①カウントフリー

TJ

Links Mateのカウントフリーは月額500円ながら、これだけ多くのサービスに適用されます!

TJ

各種ゲームの他、Twitter、Instagram、AbemaTV、ニコニコ動画も対象に入っています。

また、最近対象サービスが増え、このような声が上がっています。

ますますLinks Mateの人気が高まりそうです。

神である理由:アプリに関する通信がノーカン

カウントフリー自体は他社でも提供されていますが、Links Mateが一味違うポイントは、アプリのアップデート等もカウントフリーに入る事です。

実際、公式HPにもこのように書かれています。

カウントフリーオプション対象ゲーム・コンテンツ・SNSのアプリのダウンロード、アップデート、決済に関する通信量のカウントが対象となります。

TJ

アプリのインストールやアップデートは地味に容量を使うので、非常に助かりますよね。

神である理由:追加SIM4枚まで月額500円

TJ

このサービスは反則ではないかと思っています。

Links Mateでは、1つの契約で最大5枚までSIMを契約可能です(=データシェアプラン)。

更に、Links Mateのデータフリーは1契約毎に500円と決まっているので、SIMが1枚でもSIMが5枚でも月額500円です。

TJ

この仕組みを上手く使えば、家族でかなりの節約が可能になります。

ただし、大容量のデータを長時間通信し続けるとオプションが無効になることもあるので気をつけてください。

また、この制度を利用する際は名義が統一されている必要があります。

注意点:YouTubeが対象外

TJ

先ほどの対象サービス一覧を見て、気付いた方はいると思いますが、あのサービスが含まれていません。

YouTubeがあれば完璧だったのですが、これは仕方がないです。

BIGLOBEモバイルであれば、YouTubeもカウントフリーになるオプションが用意されています。

また、似たようなサービスとして、以下のようなデータフリーサービスが提供されています。

  • LINEモバイル→SNSのデータフリー
  • y.uモバイル→U-NEXTのデータフリー

TJ

少々細かい話になってしまいますが、端末間で直接通信を行うコンテンツ(Facebook Live、Instagramライブ動画等)はカウントフリーに入りません。

これはLinks Mateに限らず全てのカウントフリーサービスで同じ事が起こります。

注意点:速度制限になると無効になる

TJ

先ほどの追加SIMのところでもお話ししましたが、長時間使いすぎるとオプションが無効になります。

具体的には以下の条件です。

  • 低速通信モードで300MB/3日を超過した場合
  • テザリングにて複数台、または大容量通信を長時間行った場合(閾値は不明)

TJ

カウントフリーが無効になるだけで、解約はされません。

また、有効化する方法は残念ながら無く、解除を待つしかありません。

テザリングや大容量通信を長時間行った場合は、翌月にならないと復活しないので、使い方には注意しましょう。

②:特典が手に入る

TJ

Links Mateの運営会社はゲームを手がけるサイバーエージェントグループなので、ゲーマーの真理を知り尽くしています。

その際たるものが、契約プランに応じた特典です。

連携により、特典を得る事ができるゲーム一覧はこちらです。

正直、人気ゲームは多くありませんが、熱狂的なファンがいる事も事実です。

注意点:低容量での契約では特典が受け取れない

特典が手に入ること自体は嬉しいのですが、特典の量は契約するプランによって変わります

1GB未満のプランでは特典が一切もらえないので、特典が欲しい場合は1GB以上のプランを契約する必要があります。

TJ

当然と言えば当然ですが、月額料金が高いほど特典も良くなります。

節約とゲームによるストレス発散を天秤にかけて、どちらを優先するか決めましょう。

ユーザーの評価は良い?

Links Mateはサイバーエージェントグループ・Cygamesの子会社「Logic Links」が手がける格安SIM会社です。

バックには大きな企業がいるため安心感はありますが、格安SIMの評価はどうなのでしょうか?

TJ

そこで、良い評判と悪い評判が実際どれくらいの比率なのか、Twitter上で評判・口コミを上から順番に 50件調査してみました!

Twitterは気軽に投稿できる上、公式サイトのように運営側に都合が悪い情報をシャットアウトできないので、評判の調査にはピッタリです。

以下に気になるものをいくつかピックアップしました。

良い口コミ・評判

TJ

ガンガン使わないからLinks Mateで十分という声です。

TJ

ゲームのカウントフリーはゲーマーにとって救世主ですね!

悪い口コミ・評判

TJ

速度は契約するかどうかに直結するので、重要ですよね。

TJ

Links Mateはあまりキャンペーンを行わないんですよね。

TJ

気になる集計結果は、良いものが68%、悪いものが32%の割合でした!

そこそこ良い結果でした。

Links Mateの評判は…

68%のユーザーは良い評価をしている!

速度は速い?

先ほどは遅いという口コミがあった一方で、逆に速いという声も見つかりました。

TJ

実際はどうなのか、更に深堀りして調査してみた結果は以下のとおりです。

  • 日中:〜4Mbps
  • それ以外:11Mbps

昼の時間帯でも動画が観られるくらいです。

ちなみに、通信速度に関しては、一般的に下図のような基準があるので、参考にしてみてください。

※1Mbps=1,000Kbps

TJ

では、大手キャリアや他社格安SIMの通信速度と比較してどうなのか見てみましょう!

※各キャリアの表示/非表示や、期間変更が可能です

※うまく表示されない場合にはページの再読み込み(またはブラウザの変更)をお試しください

※動画視聴には下り速度の方が重要です

TJ

実際のデータを比べて見ると、Links Mateは他の格安SIMに比べて速い事がわかります。

そして格安SIMの中ではOCNモバイルONEが速いですね。

YモバイルやUQモバイルも速いですが、あくまで大手キャリアのサブブランドなので、大手キャリアと同じ速度が出て当然です。

Links Mateはdocomo回線を使用しているため、安定性が高いです。

その一方で、このような声も見つける事ができました。

TJ

Links Mateは速いという情報を聞きつけ、ユーザー数が一気に増えている可能性もあります。

Links Mateの速度は…

確かに今は速い!しかし、ユーザー数が急増すると、今後遅くなる可能性も!

料金プランはどうなっている?

TJ

月1TB(1,000GB=1,000,000MB)のプランですか…どうやったら使い切れるのか教えてほしいです(笑)

本章ではLinks Mateのプラン体系や、実際どれくらい安くなるのかについて紹介します。

LInks Mateの料金プランは大きく次の2つに分けられます。

  • 音声通話(データ通信+SMS+音声通話)
  • データ通信(データ通信専用)

TJ

プラン自体はシンプルなのですが、、とにかく数がい多いです。

良く言えば自分にぴったりのプランを選べ、悪く言えば多すぎて迷ってしまいます。

音声通話(データ通信+SMS+音声通話)

このプランはSMSがセットになっています。

プランの幅は100MB/970円〜1TB/8万7,600円と非常に広いです。

TJ

これだけ用意されていれば、絶対に自分に合ったプランを見つける事ができます!

普段WiFi環境下にいる/モバイルWiFiを持ち歩いている方は、100MBのプランを契約すれば大きな節約が可能です。

これだけプランがあるとプラン数に目がいってしまいますが、料金自体も低容量では安く設定されています。

TJ

逆に大容量プランは割高なので、20GB以上の契約を考えているのであれば、モバイルWiFiとの組み合わせの方が安く済む事があります!

データ通信(データ通信専用)

データコースは音声通話ができませんが、安く使えるのでタブレットで通信(ゲーム)を楽しみたい方に向いています。

本プランでは月額120円上乗せで払うと、SMSをつける事ができます。

TJ

月に100MB以下の通信量では、たった250円で使えるのは魅力的ですよね!

ちなみに100MBではこのようなことができます。

オプション

オプションはゲームをメインに考えているのであれば、十分揃っています。

TJ

真のゲーマーなら、不要なオプションを付けるよりも課金したいですよね!

一方で、無制限電話かけ放題のオプションはないので、電話を多くする方は他社を選んだ方が良いです。

無制限かけ放題を提供しているのは、Yモバイルやエックスモバイル 、QTモバイルが挙げられます。

乗り換えるといくら安くなるのか?

大手3キャリアを使用中の方の毎月の平均支払額が8,000円〜9,000円ほどと言われています。

これに対し、Links Mateの中間の料金プランを作成すると、こうなります。

つまり月額支払額が8,000円→3,270円となるので、年間5万6,760円も安くなってしまいます。

Links Mateに乗り換えると…

大手と比べて5.6万円ほど安くなる可能性がある!

メリット・デメリット

TJ

次に、Links Mateのメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット
  • 運営がサイバーエージェントグループ
  • 格安SIMの中では安定性が高く、速度も速い
  • カウントフリーがある
  • 自分に合ったプランが見つかる
  • 最低利用期間&違約金なし
  • 余ったデータは翌月繰越し
  • 1契約でSIMが5枚まで発行可能
  • 24時間オペレーター対応
  • 対象ゲームとの連携で特典
デメリット
  • docomo回線のみ
  • 高速通信/低速通信の切り替えアプリがない
  • 速度制限がある
  • 速度制限でカウントフリーが無効になる
  • 解約時にSIMカード削除手数料が必要
  • 端末はお得ではない
  • キャンペーンはほとんど行わない
  • 実店舗がない
  • 解約時はSIMカードを返却する必要がある

TJ

速度やプラン以外で、契約前に知らないと損することと注意点を解説していきます。

GOOD:余ったデータの繰越しが可能

Links Mateは余ったデータ容量を自動で翌月末まで繰り越すことが可能です。

TJ

うっかり動画を見すぎた!という時の保険になります。

データ容量が足りない時は以下の料金でデータを追加可能です。

TJ

オプションをうまく活用することで、自分だけのプランを作る事が可能です。

有効期限は180日と長いことは高評価です。

コラム:プラン変更を使った節約術

Links Mateは余ったデータ容量を翌月まで繰越し可能で、無料でプラン変更が可能です。

TJ

…ということは?

プラン変更を繰り返せばデータを余分に買ったり、余らせることなく使い切れるということ!

少々手間はかかりますが、より賢くLinks Mateを使いこなすことができます。

GOOD:1契約でSIMが5枚まで契約可能

TJ

冒頭でLinks Mateは1契約で5枚までSIMが契約可能とお話ししましたが、ここではもう少し詳しく解説していきます。

まず、料金体系についてです。

TJ

データ通信専用SIMであれば、月額300円で使えてしまうのは非常に魅力的ですね。

では次にデータシェアの活用法について、いくつか例を紹介します。

 

◯複数端末でシェア

TJ

ゲームをタブレット(大きな画面)で遊びたい方にオススメの使い方です!

 

◯家族でシェア

TJ

これはスゴいです!

1人あたり4GB使えて月額1,680円でスマホが使えてしまいます。

名義の統一だけはお忘れなく!

プランにちょうど良いデータ容量がない場合には、データ追加オプションでカバーできます。

※2GB/500円、10GB/2,000円(併用も可能)

GOOD:最低利用期間&違約金なし

一応メリットとして書きましたが、実は他社でもどんどんと両制度の廃止が進んでいます。

原因は業界では有名な総務省のお達し問題(日本経済新聞)です。

TJ

UQモバイルやOCNモバイルONEでも最低利用期間ナシ&違約金0円なので、以前よりも格安SIMへの乗り換えハードルが下がりました。

関連記事

【ココには注意!】良い評価の多いUQモバイルの評判口コミを大解剖

更新日: 2020.1.19

関連記事

【見逃し厳禁】OCNモバイルONEの評判口コミ!徹底調査の真相

更新日: 2020.1.13

GOOD:サポートが24時間体制

TJ

Links Mateのチャットサポートはなんと24時間体制で、オペレーターが常駐しています。

ゲームに夢中になって、深夜にトラブルが起こった時も安心です。

■サポート情報

  • 電話番号:0120-404-513(9:00〜18:00、年中無休)
  • IP電話用ダイヤル:050-3786-5404(9:00〜18:00、年中無休)
  • チャット:24時間オペレーター対応可能

TJ

電話番号がフリーダイヤルなのもいいですよね。

格安SIM会社のサポートは有料電話のことが多いので。

BAD:docomo回線しかない

Links Mateはdocomo回線にしか対応していません。

その他のキャリアはそのまま使えないので、乗り換えるときにSIMロック解除の手続きが必要です。

TJ

docomoを使用中でも電話番号を引き継ぎたい場合はMNP(ナンバーポータビリティ)の手続きが必要です。

主要3キャリアすべてに対応しているのはmineoとLINEモバイル、QTモバイル、nuroモバイルです。

ただし、SIMロック解除さえ行えば、現在他社の回線を使用していても端末はそのままでLinks Mateに乗り換えできます。

ですが、端末との相性もあるので基本的には今と同じ回線をオススメします

TJ

詳しい理由を書くと長くなってしまうのですが、簡単に言うと「各社で使っている電波の特性が違うため、端末によって不得意な電波がある」というのが理由です。

iPhoneの対応状況は以下のようになっています。

コラム:SIMロック解除、MNP取得方法

◯SIMロック解除

各社インターネット経由であれば手数料無料な上、待ち時間なしでできるので、サクッと済ませてしまいましょう!

店舗でこの作業を行う際は身分証の提示が必要なので、忘れずに持参しましょう。

◯MNP取得

MNPとはMobile Number Portabilityの略で、今の携帯電話番号を他社でそのまま使うために必要な手続きです。

この作業もSIMロックと同じで、大した作業は必要ありません。

MNP予約番号の有効期限は15日と短いので、MNP予約番号を取得したらすぐに乗り換えの準備を始めましょう。

MNP予約番号を取得すること自体には手数料はかかりません。

ただし、取得したMNP予約番号で実際に他社へ乗り換えを行うと、2,000〜3,000円のMNP転出手数料が発生します。

各社引き止めにかかることもあるそうですが、強いハートを持って挑みましょう。

BAD:速度切り替えアプリがない

Links Mateは高速/低速通信速度切り替えが可能です。

低速通信モードにすることにより、データ容量消費なしでインターネットを楽しむ事ができます。

多くのキャリア(例えばUQモバイルやIIJmio)では専用アプリ上で速度切り替えや、今月どれくらいデータを使ったのかも確認が可能です。

TJ

ちなみに低速モードにしてもLINE、メールといった使い方であれば十分対応可能です。

必要な時だけ高速通信にすることで、節約が可能です。

しかし、Links Mateには専用アプリがなく、マイページにログインする必要があります。

こまめにデータ使用量確認や切り替えを行おうとすると、結構な手間になってしまいます。

TJ

楽天モバイルは楽天モバイル回線内であれば無制限で高速通信が可能です。

速度切り替えアプリがない

こまめに切り替えると結構手間がかかる!

多くの他社では専用アプリ上で通信速度切り替えが可能!

BAD:速度制限がある

Links Mateは高速通信モードでの速度制限はありません。

その代わり、データを使い切ってしまった時や、低速モードで300MB/3日通信を行った時に速度制限がかかります。

TJ

300MBというのは、YouTube換算で30〜40分ほどです。

もちろん高画質になると短くなります。

更に、速度制限がかかった時のLinks Mateの厄介な点があります。

それは、速度制限がかかるとデータフリーオプションが無効になってしまう事です。

TJ

  • データを使い切ってしまった時→翌月
  • 低速モードで300MB/3日を超えた場合→直近3日の低速モード合計通信量が300MB以下

になるまでオプションは復活しません。

YouTubeをたくさん観たいのであれば、BIGLOBEモバイルが提供しているエンタメフリー がオススメです。

YouTubeの他、U-NEXT、Spotify、LINE Musicといったサービスをデータ消費ナシで楽しめます。

TJ

契約している通信容量や速度制限を気にせずに楽しめるので、観すぎて廃人にならないように気をつけましょう(笑)

速度制限がある!

カウントフリーオプションを付けている場合は要注意!

BAD:SIMカード削除手数料がある

先ほどお伝えした通り、確かにLinks Mateには違約金はありません。

しかし、解約時にSIMカード削除手数料という謎のシステムがあります。

TJ

結局は、「違約金はない」という事をPRしたいがために、新たな手数料を作ったと見られても仕方がありません。

しかも、1契約毎ではなくSIMカード1枚毎にかかってくる手数料なのが罠です。

TJ

せっかく節約できても、この手数料でチャラになっては何のために乗り換えたのかがわからなくなってしまいます。

SIMカード削除手数料がある

解約時に違約金は発生しないが、SIMカード削除手数料がある!

BAD:実店舗がない

実店舗がないというのは格安SIMでは良くある事です。

ユーザーの通信量を安くするために、企業側もコスト削減を徹底的に行う必要があります。

TJ

実店舗を持つにはテナント代、人件費等々の莫大なコストが必要です。

TJはその分のお金をユーザーに還元していると考えているので、大賛成です。

しかし、中には実店舗で色々説明を受けないと不安という方がいるのも事実なので、そういった方は実店舗がある格安SIMを選びましょう。

実店舗が比較的多いのはYモバイル、UQモバイル、イオンモバイルです。

実店舗がない…

どうしても店舗で契約したい場合は他社の検討を!

 

ここまでをまとめると、Links Mateは大手企業グループが運営しており、速度も料金も比較的満足度が高いキャリアです。

中でもカウントフリーのオプションはかなり有用ですが、速度制限にかかると無効化されてしまう点には注意が必要です。

申し込みは面倒でない?

TJ

面倒に思われがちな格安SIMへの乗り換えですが、動いてしまえば結構サクッと終わります。

Links Mateには実店舗がないので、申し込みはWEBのみです。

TJ

不備がなければ申し込み後3〜5日で発送されます。

大まかな流れは下の通りです。

支払い方法、プランの選択

MNP、端末購入の有無、SIMカードノサイズを選択

オプションの選択

個人情報の記入

以上で完了です。

TJ

意外と簡単そうでないでしょうか?

情報や提出物の不備がなければサクッと終わります。

Links Mateの申し込みは…

WEB申し込で10分あればサクッと完結!

設定は難しくない?

TJ

このような口コミに代表されるように、設定も非常に簡単です。

冗談ではなく、本当に5分もあれば終わってしまいます

公式HPに写真付きで丁寧に説明されています。

■設定方法はコチラ

Links Mateの設定は…

5分あれば終わる!

Links Mateがオススメできる人

Links Mateはこのような方にオススメです。

  • 速度はそこそこ、料金も安くしたい
  • スマホでゲームをする事が多い
  • ゲームの特典が欲しい
  • カウントフリーを複数人で使いたい
  • 最低利用期間に縛られたくない
  • 深夜の時間帯にサポートへ質問したい

逆に、オススメできないのはこのような方です。

  • docomo回線以外がいい
  • 動画をたくさん観たい
  • 長電話する
  • 端末セットを購入したい
  • 実店舗で契約したい

総括すると、Links Mateは速度が比較的早い上に回線も安定しており、料金も安いためゲーマー以外にもオススメできるキャリアです。

また、カウントフリー対象サービスの幅も広く、使い勝手が良いのも高ポイントです。

契約プランに応じてゲームの特典も受け取れるので、ゲーマーにとっては「神」、一般ユーザーにとっても「素晴らしい」と評価できそうです。

「で、他と比べてどうなの?」と聞かれる事が多いので、オススメの乗り換え先をまとめた記事を誠意作成中です!

関連記事

格安SIMアドバイザーの本気!オススメの格安SIMはこれだ!

近日公開予定

この記事を書いたライター

TJ

生粋の投資マニア。

幼少期の経験が原因でお金大好き。

収入のほとんどを投資している。

貯金0から5年で純資産◯千万円(ヒミツ)を達成し、ほぼ全てを投資中。

FP、格安SIMアドバイザーの仕事もしている。

この記事に関連するラベル

ページトップへ