【契約するかは業績次第⁉︎】bmobileの口コミ評判を大解剖!

記事更新日: 2020/05/16

ライター: TJ

TJ

b-mobile S(以後bmobile)はCMを流していないので有名ではありませんが、スペックは高いSIMです。
料金も安く、通信速度も結構速いです!

この記事を書いた人
投資マニア  TJ  30代

投資マニア兼FP(ファイナンシャルプランナー)兼格安SIMアドバイザー。
「節約=ダサいという固定概念を変える」というミッションを持って日々活動中。
自身は格安SIMを使い始めて5年以上経過し、節約額は10万円以上。
普段は格安SIMをはじめとするお金に関する相談を有料で受けている。
(本サイトでは無料で情報をお伝えしています)

2020年4月現在、キャンペーンは実施していません。

追加情報が入り次第、追記します。

総合評価
対応回線
docomo・softbank
未成年
不可(利用は可能)
端末セット
SIMのみ販売
詳細はこちら

格安SIMアドバイザーの総評

bmobileはデータを使った分だけ料金が上がっていく、従量制を採用している数少ないキャリアです。

TJ

他のキャリアではプランが多くて選べないという方にオススメです。

速度も速く、料金も安いと一見いいことだらけです。

しかし、bmobileの何よりの懸念点は運営会社の業績が悪いことです。

最悪の場合、過去にFREETELが楽天へ吸収されたのと同じような道を辿る可能性もなきにしもあらずです。

TJ

業績は悪いのですが、SIMカードとしてのスペックは良いと評判です。

とは言え、業績が気になる方は他社を選んだ方が良さそうです。

bmobileはこのような方にオススメです。

  • スマホを安く使いたい
  • 混雑する時間帯は多少速度が遅くても我慢できる
  • プランを選ぶのが面倒
  • 月によって使用するデータ量が大きく変動する
  • 端末は変える予定がない/別の場所から調達する

逆に、オススメできないのはこのような方です。

  • 運営会社の業績が気になる
  • au回線が使いたい
  • 昼休み中も爆速で通信したい
  • 長電話したい
  • 家族でデータシェアしたい

TJ

契約前に知らないと損する情報も書いていますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • bmoblieの口コミ、評判
  • メリット、デメリット
  • 速度
  • 料金プラン
  • 申し込み、設定方法

各ボタンから見たい項目にジャンプできるようにしてあります。

ぜひご活用ください!

ユーザーの評価は?

bmobileはCMや広告を打っていないので、正直有名ではありません。

ですが、運営は東証1部に上場している日本通信株式会社で、2001年〜格安SIM事業を手掛けています。

20年も前から格安SIM事業をしているので、もちろん日本初の格安SIM会社です。

TJ

料金や速度はまずまずなのですが、有名でないためユーザー数は少ないです。

評価はどうなのか、Twitter上で評判・口コミを上から順番に50件調査してみました!

皆さんも体感しているかも知れませんが、Twitterは悪い情報が書き込まれる傾向にあるので、厳しめの評価がされます。

しかも、運営会社にとって悪い情報を隠すこともできないので、ユーザーの思いが直に伝わります。

以下に気になるものをいくつかピックアップしました。

良い口コミ・評判

TJ

調べていて目立ったのは、安いという評価です。

TJ

190円〜使えてしまうのは素晴らしいですね!

悪い口コミ・評判

TJ

勝手に解約ですか…一体何が起こったのでしょうか。

TJ

格安SIMだから仕方がないかも知れませんが、多少不安定なのかも知れませんね。

TJ

集計結果は、良いものが80%、悪いものが20%の割合でした!

これは高評価ですね!

良い評価の中身は「速い」「安い」が多かったです。

bmobileの評判は…

かなりの高評価!「安い」「速い」がウリ⁉︎

速度は本当に速い?

bmobileの口コミを見ていると、速いという意見が多かったです。

TJ

瞬間的に爆速が出ただけで、実際はどうなのか?と思ったので色々と調査してみましたが、これくらいでした。

  • 混雑する時間:〜1Mbps
  • それ以外:10Mbps

混雑していない時間帯であれば動画もサクサクですね!

ちなみに、通信速度に関しては、一般的に下図のような基準があるので、参考にしてみてください。

※1Mbps=1,000Kbps

TJ

大手キャリアや他社格安SIMの通信速度と比較してどうなのか見てみましょう!

※各キャリアの表示/非表示や、期間変更が可能です

※うまく表示されない場合にはページの再読み込み(またはブラウザの変更)をお試しください

※動画視聴には下り速度の方が重要です

TJ

実際のデータを見比べてみると、格安SIMとしてはかなり速い部類です。

そして格安SIMの中ではUQモバイルOCNモバイルが速いですね。

Y!mobileも速いですが、あくまでソフトバンクの一部であるサブブランドなので、ソフトバンクと同じ速度が出て当然です。

もちろん、建物の中などの電波が届きにくい場所では普段より遅くなります。

TJ

bmobileはYモバイルやUQモバイルに次ぐくらいの速度が出ていますね。

知名度がないので穴場と言っても良いかも知れません。

エキサイトモバイルの速度は…

YモバイルやUQモバイルに次ぐ速さ!

安いのは本当?

このような口コミもありますが、今の時代にこんなに安く済むことが起こるのでしょうか?

bmobileの料金プランは大きく次の6つに分けられます。

  • 190 PAD SIM(データ通信専用)
  • 990 JUST FIT SIM(音声通話)
  • START SIM(お試しプラン)
  • プリペイドSIM(データ通信専用)
  • VISITOR SIM(訪日観光客向け)
  • USBコネクタ/モバイルWiFiルーター(テレワーク向け)

TJ

これらの中で項目3〜6のプランは、選ぶことが少ないと思いますが紹介します。

190 PAD SIM(データ通信専用)

本プランが先ほどの口コミにもあった、最安190円〜使えてしまうデータ通信専用のプランです。

最大15GBまで使うことができ、その時の料金は3,280円です。

TJ

月に100MB以下の通信量では190円なんてすごいですよね!

ちなみに100MBではこのようなことができます。

本プランは安くて非常に魅力的ですが、以下の注意点があります。

  • softbankのSIMはandroidで使用不可
  • softbankのSIMはiPhone用とiPad用に分かれている
  • SMSの提供はdocomo回線のみ

TJ

公式にはsoftbankのSIMはandroidで使えないとされていますが、技術的にはandroidでも使えます

(ただし自己責任でお願いします)

990 JUST FIT SIM(音声通話機能付き)

データ1GBと電話機能が付いて990円〜利用可能で、月に20GBまで利用可能です。

料金の上がり方は1GBにつき200円なので、20GB使ったときは4,790円の請求になります。

TJ

1GBもついて電話も可能でこの値段はなかなか他社は真似できないでしょうね。

オプション数は正直物足りなく、必要最低限といったところです。

TJ

電話かけ放題のオプションはないので、かけ放題を使いたければ他社を選んだ方がいいです。

完全かけ放題を用意しているのはYモバイルエックスモバイルです。

また、OCNモバイルONELIBMOは通話時間の長い上位3番号との無制限通話が可能になる仕組みを提供しています。

START SIM(お試しプラン)

試しに使ったみたい人向けにリリースされたプランで、当時は最低利用期間&違約金ナシを押しポイントとして打ち出していました。

しかし、現在はbmobileの全プランで最低利用期間&違約金ナシを始めたので、本プランを選ぶメリットはありません。

TJ

料金も990 JUST FIT SIMの方が優秀なんですよね。

料金体制はこのようになっています。

プリペイドSIM(データ通信専用)

こちらはプリペイドタイプ(事前支払い)のSIMです。

データ通信専用なので電話はできませんが、高速通信が7GB付属して3,850円〜利用可能です。

契約期間は1ヶ月/6ヶ月/12ヶ月から選ぶことが可能です。

また、契約期間終了後も、データをチャージすれば継続しての利用が可能です。

注意点としては、SIM発送日の翌月末までに利用開始しないと無効になってしまいます

TJ

通常プランに比べてかなり割高なので、普通に使うなら他のプランを選んだ方がいいです。

VISITOR SIM(訪日観光客向け)

bmobileは観光客向けのSIMも取り扱っています。

  • 5GB/有効期間10日(1,980円)
  • 7GB/有効期間21日(2,970円)

の2種類が用意されています。

データ追加は1GBあたり500円で可能です。

TJ

空港での受け取りのほか、ホテルやオフィスまで届けてくれるサービスもあります(別料金)。

海外の友人が日本に来る時に重宝しそうです。

USBコネクタ/モバイルWiFiルーター(テレワーク向け)

最近はコロナウイルスの影響もあり、多くの企業でテレワークの導入が進んでいます。

TJ

通勤や化粧もいらないし、朝遅くまで寝られる…。

というのは置いておいて、その時間を掃除や家事に回せて時間を有効に使うことができますよね。

しかし、実際にテレワークを始めると問題になってくるのが通信環境です。

元々家にWiFiが飛んでいるのであればいいですが、近年はスマホしか持っていない人が多く、通信環境が整っていないという声もよく聞きます。

TJ

かと言って、急に固定回線を引けと言われても大変ですよね。

そんな時に活躍するのが本プランです。

本プランは月に7GBまで使えるSIMとUSBコネクタ/モバイルWiFiルーターを4,980円〜提供しています。

7GBを使い切ってしまっても、30日以内であれば低速での通信が可能です。

また、30日経過後も以下の料金を払えば継続して使い続けることができます。

使い方も非常に簡単で、IT初心者でも簡単に使うことができます。

  • USBコネクタ→SIMカードを挿してパソコンに付けるだけ
  • モバイルWiFiルーター→SIMカードを挿し、電源を付けて端末を無線接続するだけ

TJ

細かいことを言うと、通信費は会社に出してほしいですよね。

脱線していまうので、深堀りはしませんが。

どれくらい安くなるのか?

大手3キャリアを使用中の方の毎月の平均支払額が8,000円〜9,000円ほどと言われています。

これに対し、bmobileの中間の料金プランを作成すると、こうなります。

つまり月額支払額が8,000円→1,890円となるので、年間7万3,320円も安くなってしまいます。

bmobileに乗り換えると…

大手と比べて7.3万円ほど安くなる可能性がある!

bmobile最大のデメリット

冒頭に示した通り、80%のユーザーが良い評価をしていることは事実です。

これはプランが安く、速度も速いことが要因です。

TJ

つまり、SIMカードとしてのスペックは非常に高いということです。

しかし、だからと言ってbmobileに飛びつくのは少し待った方が良さそうです。

その理由とは…

TJ

ユーザー数も全然伸びておらず、最近は赤字が続いているからです。

この状態が続くと、事業の買収や撤退の可能性が浮上するのではないかと感じています。。

下図は実際に公表している会社の業績です。

注目してもらいたいのは、会社の収益力を表す「経常利益」です。

TJ

これがよく聞く赤字の状態です。

この業績の悪さから、株価も低調に推移しています。

TJ

2014年にアベノミクスで一瞬盛り上がりましたが、業績が業績なので、最近はずっと低迷しています。

下がっているからチャンス!とはいうものの、敢えて買いたくはないです(笑)

通信速度は比較的速く、SIMカードとしてのスペックは高いのですが、契約すべきかは業績次第といったところでしょうか。

運営会社の業績が悪い!

いつサービスが終了するか分からないが、スペックが高いのは確か!

メリット・デメリット

会社の状態は決して良いとは言えないbmobileですが、良い点も多くあります。

TJ

この章ではbmobileのメリット・デメリットを紹介していきます。

他にも以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • プラン料金が安い
  • 使った分だけ料金が上がるプラン
  • データ利用の上限設定が可能
  • 高速通信での速度制限なし
  • 最低利用期間&違約金なし
  • 格安SIMではあるが、速度が速い部類
  • 5分かけ放題オプションが500円と安い
  • 家電量販店での取り扱いがある
デメリット
  • 運営会社の業績が悪い
  • au回線がない
  • 余ったデータの繰越不可
  • データシェアプランがない
  • 高速/低速通信切り替え不可
  • 低速通信で速度制限がある
  • サポートの時間が短い(11:00〜18:00)
  • プラン/キャリア変更には再契約が必要
  • 端末の販売がない
  • 公衆WiFiオプションがない
  • 支払いがクレジットカードのみ
  • 解約時はSIMカードを返却する必要がある

TJ

これらの中で知らないと損をする項目について見ていきましょう。

プラン詳細と速度については後の章で紹介します。

GOOD:データの利用制限が可能

bmobileはプランが安く、節約したい人は必見のキャリアです。

ですが、いくら安いとは言えども使いすぎると高くついてしまいます。

また、後ほども紹介しますがbmobileは格安SIMの中でも速度が速いので、うっかり動画を観すぎてしまいます。

TJ

ここで役に立つのがbmobileのデータ利用制限機能です。

プランによっても違いますが、3GB〜15GBの間で利用制限をかけられます。

設定値を超えても低速通信になるだけで、通信は可能です。

TJ

こういう時は速度制限があった方が抑止力になりますよね。。

でも必要な時に遅くなるのは耐え難い…

やっぱり動画をたくさん観たい!という方にオススメなのが、BIGLOBEモバイルです。

YouTubeの他、U-NEXT、Spotify、LINE Musicといったサービスをデータ消費ナシで楽しめます。

TJ

観すぎて廃人にならないように気をつけましょう!

GOOD:最低利用期間&違約金なし

bmobileも少し前までは最低利用期間と違約金がありました。

しかし、他社が続々と両制度を廃止したため、bmobileも他社に続いて廃止に踏み切りました

TJ

UQモバイルOCNモバイルONEでも最低利用期間ナシ&違約金0円なので、以前よりも格安SIMへの乗り換えハードルが下がりました。

GOOD:家電量販店での取り扱いがある

格安SIMはユーザーに低価格で使ってもらうため、実店舗がないことが往々にしてよくあります。

bmobileも大手キャリアのような専門ショップはありませんが、全国各地の

  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • イオン

といった場所で販売しています。

TJ

もちろん全ての場所で店舗があるわけではありません。

取扱店一覧はこちらをご覧ください。

これらの店舗では、SIMカードの購入はもちろんのこと、設定を行ってくれるサービス※もあります。

※店舗によって異なります

TJ

設定が不安という方にもってこいですね!

他のキャリアで初期設定が親切なのは、イオンモバイルJ:COMモバイルあたりでしょうか。

TJ

他のキャリアでも端末とセットで契約すると、設定済みの状態で端末が届くことが多いです。

端末の交換も検討している方は申し込み時に設定の項目をよくチェックしてみてください。

BAD:au回線がない

bmobileはau回線が用意されていません。

現在auを使っている場合、そのままでは使えないので、乗り換えるときにSIMロック解除の手続きが必要です。

TJ

同じ回線を使用中でも電話番号を引き継ぎたい場合はMNP(ナンバーポータビリティ)の手続きが必要です。

2020年3月時点で主要3キャリアすべてに対応しているのはmineoLINEモバイルnuroモバイルです。

ただし、SIMロック解除さえ行えば、現在他社の回線を使用していても端末はそのままでbmobileに乗り換えできます。

ですが、端末と電波の相性もあるので基本的には今と同じ回線をオススメします

TJ

詳しい理由を書くと長くなってしまうのですが、簡単に言うと「各社で使っている電波の特性が違うため、端末によって不得意な電波がある」というのが理由です。

iPhoneの対応状況は以下のようになっています。

コラム:SIMロック解除、MNP取得方法

◯SIMロック解除

各社インターネット経由であれば手数料無料な上、待ち時間なしでできるので、サクッと済ませてしまいましょう!

店舗でこの作業を行う際は身分証の提示が必要なので、忘れずに持参しましょう。

◯MNP取得

MNPとはMobile Number Portabilityの略で、今の携帯電話番号を他社でそのまま使うために必要な手続きです。

この作業もSIMロックと同じで、大した作業は必要ありません。

MNP予約番号の有効期限は15日と短いので、MNP予約番号を取得したらすぐに乗り換えの準備を始めましょう。

MNP予約番号を取得すること自体には手数料はかかりません。

ただし、取得したMNP予約番号で実際に他社へ乗り換えを行うと、2,000〜3,000円のMNP転出手数料が発生します。

各社引き止めにかかることもあるそうですが、強いハートを持って挑みましょう。

au回線がない

au回線を使いたいのであれば、他社を検討すべし!

BAD:データの繰越ができない

bmobileは余ったデータの翌月持ち越しができません。

考えてみれば当然なのですが、bmobileは使ったデータ量に応じて料金が決まることが理由です。

TJ

定額制を取り入れているキャリアでデータの繰越ができないのは、Y!モバイルくらいです。

その他の会社はデータの繰越が可能なので、この点はあまり気にしなくても良いと思います。

余ったデータの繰越が不可

料金体系が従量制(使った分だけ請求)のため、データが余るという概念がない!

BAD:低速通信での速度制限がある

bmobileは高速通信モードでは、各プランの最大通信量に達しない/自分で設定した上限を超えない限り、どれだけ使っても速度制限はありません。

しかし、低速通信モードでは360MB/3日で速度制限がかかります。

TJ

低速モードにして無料で動画を観まくる作戦は失敗です…

今時、3日で360MB(YouTube換算で40分)というのは少なすぎです!

もしYouTubeをたくさん観たいのであれば、BIGLOBEモバイルが提供しているエンタメフリー がオススメです。

YouTubeの他、U-NEXT、Spotify、LINE Musicといったサービスをデータ消費ナシで楽しめます。

ちなみに、mineo楽天モバイルUQモバイル低速通信モードであれば速度制限ナシで通信を楽しむことが可能です。

低速通信で速度制限あり!

長時間動画を観るのであれば、WiFiの併用や他社を検討すべし!

BAD:解約時にSIMカードの返却が必要

規約によると、bmobileのSIMカードは解約時に返却が必要です。

TJ

ですが、返却しなかった時の賠償請求に関する文章は見つかりませんでした。

返却しておけば、損害賠償請求されることはなくなるので返却した方が無難かと思いますが。

SIMカードの返送先はコチラです。

〒105-0001

東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズ オフィス 

日本通信株式会社 bモバイルヘルプデスク SIMカード返却係 宛

解約時のSIMカードの返却が必要

規約によると返却が必要となっているので、返却した方が無難!

 

ここまでをまとめると、端末の販売がない・低速通信で速度制限があるといった不便な点はあります。

しかし、通信環境というスペックで見れば価格以上であると考えます。

とはいえ、業績が良くないことが一番の懸念点なので、その点がクリアできないのであれば他社を選んだ方が良さそうです。

申し込みの手順は?

TJ

bmobileはSIM到着後に開通手続きのための電話が必要なので、他社に比べれば多少手がかかります。

ですが、難しいことではないのでサクッと終わります。

大まかな流れは下の通りです。

用意するものは

あとは画面の指示に従っていけば大丈夫です。

回線の選択

bmobileIDの登録

あとは住所や氏名の入力を行い、身分証の提出と決済情報(クレジットカード情報)の入力すれば申し込みは完了です。

TJ

意外と簡単そうでないでしょうか?

情報や提出物の不備がなければ申し込みから最短1日でSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら

SIMカードが手元に届いたら20日以内に書き電話番号に電話する必要がありますので、お忘れなく。

bmobileの申し込みは…

電話は面倒だが、サクッと完結!

設定は難しくない?

TJ

設定も心配ご無用です。

冗談ではなく、本当に5分もあれば終わってしまいます

公式HPに写真付きで説明されています。

写真が少ないので難しそうに見えますが、たった数ステップで完了します。

docomo回線の方はこちら

softbank回線の方はこちら

bmobileの設定は…

5分あれば終わる!

bmobileをオススメできる人

bmobileはこのような方にオススメです。

  • スマホを安く使いたい
  • 混雑する時間帯は多少速度が遅くても我慢できる
  • プランを選ぶのが面倒
  • 月によって使用するデータ量が大きく変動する
  • 端末は変える予定がない/別の場所から調達する

逆に、オススメできないのはこのような方です。

  • 運営会社の業績が気になる
  • au回線が使いたい
  • 昼休み中も爆速で通信したい
  • 長電話したい
  • 家族でデータシェアしたい

総括すると、通信速度は比較的速く料金も安いため、スペックは高いと言えます。

ただし、運営会社の業績が悪いので、契約するかは業績次第かと考えます。

この記事を読んでbmobileが微妙だと思った方に、オススメ格安SIMは以下の通りです。

  • LINE等のSNSをデータ使用ナシで使いたい
    LINEモバイルがオススメ
  • 爆速で通信したい
    UQモバイルがオススメ
  • 格安ではないが、高速通信を楽しみたい
    Yモバイルがオススメ
  • 楽天市場をよく使っていて、あわよくば携帯代を0円にしたい
    楽天モバイルがオススメ
  • YouTubeをたくさん観たい
    BIGLOBEモバイルがオススメ
  • 最新端末を格安で手に入れたい
    OCNモバイルONEがオススメ
  • 他とは一線を画したキャリアを使いたい
    nuroモバイルがオススメ
  • サポートが充実のキャリアがいい
    イオンモバイルがオススメ
  • 最新技術のeSIMを試してみたい
    IIJmioがオススメ
  • 初めての格安SIMに乗り換える方
    mineoがオススメ
  • 株主優待で富裕層気分を味わいたい
    LIBMOがオススメ
  • J:COMサービスを利用中
    J:COMモバイルがオススメ
  • 家族で賢く節約したい
    エキサイトモバイルがオススメ
  • 貼るだけで海外で使えるようになるSIMを使ってみたい
    HISモバイルがオススメ
  • プランはとにかくシンプルがいい
    DTI SIMがオススメ
  • 九州に住んでいる
    QTモバイルがオススメ
  • ゲームをよく遊ぶ
    Links Mateがオススメ
  • ゲームをよく遊ぶ
    Links Mateがオススメ
  • 使いながら寄付したい
    エックスモバイルがオススメ

この記事を書いたライター

TJ

生粋の投資マニア。

幼少期の経験が原因でお金大好き。

収入のほとんどを投資している。

貯金0から5年で純資産◯千万円(ヒミツ)を達成し、ほぼ全てを投資中。

FP、格安SIMアドバイザーの仕事もしている。

この記事に関連するラベル

ページトップへ